働くアラサーの「実はその服モテません」オシャレのNGと正解

新しい出会いも多い春だけど、大

新しい出会いも多い春だけど、大人の恋活服は男性の目ばかりを気にするのは得策じゃありません。無理して甘い服を着るのではなく、ちゃんと似合っていて、自分をより良く見せてくれる服が大前提。いつでも参戦できちゃう〝フッ軽〟な恋するオフィカジで、素敵な出会いを引き寄せよう!

働くアラサーが座談会!デートに行ける仕事服の正解って?

・松本理絵さん(33歳 商社勤務)
2年間付き合っていた彼と先日お別れし、恋活シーンに復帰。ドラマの吉高由里子さんのお仕事服がお手本。

 

・佐藤由香里さん(32歳 広告代理店勤務)
港区在住。ヘルシーなショートカットが眩しいバリキャリ。忙しい中でも、マチアプやサークルでの出会いを狙う。

 

・西山優花さん(27歳 IT関連勤務)
2年前に九州から上京し、東京での恋活にも慣れてきた今日この頃。旅行や女子会に遊びたい盛りだけど、婚活も意識。

 

・大原萌子さん(30歳 事務職)
弁護士事務所に勤めながら、マチアプや出会いの場にも参加し粛々と婚活に励む。美容医療にも積極的に投資。

アラサーの恋活服選びはちょっと難しい⁉失敗を繰り返して見えた正解は…

西山:私は上京して2年なのですが、東京って出会いが多くてびっくり!それに、みんないわゆるデート服や勝負服(死語⁉)をちゃんと着ているよね。
松本:私調べですが(笑)、20代の時はみんないわゆる〝モテ服〟みたいなのを意識していたかな。30代になって、もっとカッコよさとか男性に媚びてない雰囲気の服を着たいなと思うように。でも色々失敗してきました。
佐藤:わかる!私もリブニット×柄のフレアスカートをよく着てた…テッパンだったよね。金融関係など、会社の服装が厳しい人たちは特にかぶりがちな印象。私の職場はパーカが着られるくらいラフなのですが、この間久しぶりの合コンでちゃんとしなくちゃと思って…さすがに白ワンピはやめたんだけど、ベージュワンピを着て行ったらかぶっちゃって!複数の女子が同時にベージュワンピって、シュールで気まずかった…。
大原:私も20代の頃は甘くて可愛らしいゆるふわ系のコーデをよく着ていました。お店待ち合わせで、席についたら女子3人が同じようなカラートップスと柄スカートだったことがあって!部署の後輩とコーデがまるかぶりで、即帰りたかった(涙)。

松本:私はカッコよさとか人とかぶらないコーデを意識しすぎた結果、白シャツにバミューダパンツで出社し、女性陣からは「流行ってるよね」と好評でしたが、男性陣からは「高校の制服に見える」と言われ…。社内合コンの日だったのでずっと恥ずかしかったです。やっぱり女らしさと華やかさは欲しいなと再認識。私はドラマ『最愛』の時の吉高由里子さんのファッションが理想です!
大原:ドラマの主人公の仕事服ってお手本になるよね!最近は『Eye Love You』の二階堂ふみさんと山下美月さんのコーデが好き。私は急にお誘いがあった日に、かっちりしたスーツを着ていて、営業帰り?みたいになってしまった失敗も…。急な予定にも対応できるよう普段からオシャレとモテ度の底上げをしておかないと。私はフッ軽なのが武器だから、そこは気をつけてます。あとはスタイル良く見えることも大事!背が153㎝なのでシルエットは大事にしてます。

佐藤:逆に私は168㎝あって長身だからこそ、フレアスカートやブラウスなど女らしさのあるアイテムに頼っています。どこかにフィット感がある服もいいかも。
松本:私も補整下着でバチバチに美シルエットを仕込んでます(笑)。あとは、形は女っぽくても色はモノトーンなど落ち着かせるのも好き!
西山:ベーシックカラーやモノトーンって、やっぱりデートや出会いの場でも自信を持って着られる!もちろん、急に呼ばれて行く女にはなりたくないけど(笑)、いつでもデートできる仕事服って理想的ですよね。私の会社は小規模なので、社内での出会いというのはあまりなくて…。新しい出会いはマッチングアプリばかりです。
佐藤:私の周りも、新規の出会いはマッチングアプリがほとんど!アプリで知り合った人と初めて会う時に合コンにしようという流れも増えてきたかも。
大原:アプリからの合コン、最近増えてますよね!恵比寿か銀座で合コン、デートは麻布十番とか神泉が多いです。

佐藤:30代になって仕事の責任感も増してきたので、平日夜のデートはあっさりが理想だなと思うように。昔は2軒目行った方がいいと思ってましたけどね…。時間を無駄にしたくないから、ふらっとお店を探すよりちゃんと予約して行きたいです!
松本:わかる!とはいえ、本命の彼とは平日デートでもご飯以外の時間も持ちたいので、ペタンコ靴とかにしてお店までちょっと歩いていくのが理想♪渋谷待ち合わせ→お店は神泉みたいな。
西山:ちょっと大人な街でのデートこそ、ちゃんと自信が持てるコーデで行きたいですね。
松本:デートだからと急に甘くなるんじゃなくて、普段の延長に少し女らしさを足して自分の気分を上げれば、好きな人との時間をもっと楽しめるはず!

\NGコーデ/

自分の好きなテイストよりも、一般的にモテると言われている甘いアイテムを選びがちだったり、いわゆる女子アナっぽいスタイルをしてみたり…みんな今まで試行錯誤してきた様子。「私、変かも…」とソワソワしてたらせっかくの出会いも台無し!

【結論】ベースは自分に似合う服!そこに華やかさやトレンドを盛って自分の気分を上げて恋もフッ軽に

仕事とアフター5どっちも大事な私たちが辿り着いた、大人のモテ服!
ピンクシャツ×スカートのフェミニンな組合せも、カジュアルな素材感やニットを肩掛けして大人のこなれ感を。シャツ¥42,900(フランク&アイリーン/サザビーリーグ)スカート¥49,500(サクラ/インターリブ)カーディガン¥39,600(スローン/ザ ショップ スローン 新静岡セノバ店)バッグ¥64,900(FURLA/FURLA JAPAN)パンプス¥130,900(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)時計¥17,050(クルース/HIROB ルミネ新宿店)ピアス¥121,000(マリハ)

撮影/倉本侑磨(Pygmy Company) モデル/トラウデン直美 ヘアメーク/室橋佑紀(ROI) スタイリング/児嶋里美 イラスト/栗尾美月 取材/佐藤かな子 編集/月田彩子 再構成/Bravoworks,Inc.

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup