【今買って、夏まで使える】 2024春夏注目のトレンドアイテム10選

季節の変わり目で気になる「次のシーズン、何が流行るの?」問題。悩めるアラサー女子の気持ちに応えるべく、今押さえておきたい注目トレンドを10のキーワードでピックアップ!

【TREND①】理想の肌見せコーデは“ざっくり編み”が叶えてくれる

スタイリストのおすすめポイント
カーディガン¥30,800(デミルクス ビームス/デミルクス ビームス 新宿)

スタイリストのおすすめポイントは…
カジュアルスタイルをより大人っぽくヘルシーに仕上げるなら分厚めでざっくり編みのニットがめちゃくちゃ使えます。生地が薄いと体のラインが出やすかったり、生めかしくなってしまったりするけれど、地厚だとそんな心配は無用! 今季は大人世代にも肌見せのトレンドがやってきているので、積極的に取り入れて欲しいアイテムです。(スタイリスト児嶋さん)

【TREND②】シアーな透け感が洗練されたムードを演出

スタイリストのおすすめポイント
チュールスカート¥37,400(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)

スタイリストのおすすめポイントは…
バレリーナを思わせる可憐なスタイル“バレエコア”の影響からか、チュールやレース素材の透けアイテムが多い今季。レイヤード前提の大胆な透け感のものが多く、1枚で女っぽいムードを演出してくれるので、コーディネートはハンサムに仕上げるよう意識するのがおすすめです。初心者ならまずはシアートップスをチョイスしてみて。失敗知らずでトレンドコーデが完成します。(スタイリスト児嶋さん)

【TREND③】ハート柄のアイテムがいよいよ今季トレンド本番!

スタイリストのおすすめポイント
ニット¥33,000(ダブルスタンダードクロージング/フィルム)

スタイリストのおすすめポイントは…
モチーフアクセサリーで数シーズン前から流行っていたハートが、いよいよニットやシューズなどまでやってきました。CLASSY.世代が身につけるならワンポイントや小物系、柄物なら細かいものなどがおすすめです。うっかりすると甘くなりがちなハート柄ので、カジュアル感のあるものや辛口めのアイテムと合わせるのがスタイリングのコツ。(スタイリスト児嶋さん)

【TREND④】ツンととんがった“ポインテッドトゥ”がモード感を演出

スタイリストのおすすめポイント
ミュール[ヒール5.5cm]¥91,300(ジアボルギーニ/ラディモ・インク)

スタイリストのおすすめポイントは…
今季さまざまなプレスルームで本当によく見かけるのがミュール。取り入れ方は簡単で、いつもはフラットシューズを合わせていたコーデで、足元をミュールにチェンジすればOKです。ラウンドトゥではなくとんがったトゥをセレクトするのが今季っぽい仕上がりするコツ。ヒールは高すぎないもの、もしくはぺたんこが理想です。(スタイリスト児嶋さん)

【TREND⑤】ビビッドからペールまで…今季はピンクが大豊作!

スタイリストのおすすめポイント
ワンピース¥69,300※5月発売予定(マーレット/サザビーリーグ)

スタイリストのおすすめポイントは…
とにかく今季はピンクのアイテムが豊富。濃いピンクから淡いピンクまでトーン展開もさまざまな上、小物から洋服までアイテム問わずピンクがたくさん登場しています。カジュアルからレディ、モードからコンサバまで多様なアイテムがあるので、自分にしっくりくるピンクを見つけるのが何よりの着こなしのコツ。どんなスタイルの人でも必ず“お気に入りのピンク”が見つかるはずです!(スタイリスト児嶋さん)

【TREND⑥】いまどきセットアップは“ジレが主役”が新常識

スタイリストのおすすめポイント
ジレ¥57,200スカート¥31,900(ともにウィム ガゼット/ウィム ガゼット ルミネ新宿店)

スタイリストのおすすめポイントは…
今季もセットアップ需要は高め。着るだけですぐにサマになるから一着あるとコーデの救世主的に使えます。選ぶポイントは単体でも着回しができるかどうか。もし迷ったらボトムスがベーシックなパンツになったセットアップをチョイスすると安心です。本当にさまざまな種類のデザインが登場しているから、自分のワークスタイルやファッションのテイストに合わせてお気に入りを探してみて!(スタイリスト児嶋さん)

【TREND⑦】ビッグサイズのバッグがトレンド! 縦長バケツ型だとなおGOOD

スタイリストのおすすめポイント
バッグ[H30×W20.5×D15.5]¥187,000チャーム¥42,900(ともにJ&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン カスタマーセンターセンター)

スタイリストのおすすめポイントは…
大きめバッグはお仕事用と思いがちですが、今季は休日コーデに活躍しそうなビッグサイズバッグがたくさん出ています。大きめバケット型バッグは素材選びが重要。カジュアルなキャンバスやナイロンではなく、レザーなどきちんと感がある上質な素材をセレクトすると、ぐっとオシャレが際立ちます。(スタイリスト児嶋さん)

【TREND⑧】定番トップスをニットポロにチェンジしてこなれ感UPを

スタイリストのおすすめポイント
ニット¥31,900(ebure/ebure GINZA SIX店)

スタイリストのおすすめポイントは…
プレッピーなテイストは引き続き人気継続の模様。キレイめムードをキープしつつ取り入れるなら、ニットポロがおすすめです。ボタンは上まできっちり留めて着るのが今年らしいスタイリング。メンズライクなアイテムだからこそ素材やシルエット選び、合わせ方が鍵です。体のラインに沿うアイテムのほうが女性らしく着こなしやすいですが、もしオーバーサイズを選ぶなら、アクセサリーやヘアメークをレディに寄せてバランスを取るよう意識して。(スタイリスト児嶋さん)

【TREND⑨】ブローチの重ね付けテクを習得すれば、脱マンネリコーデが叶う!

スタイリストのおすすめポイント
ブローチ[馬]¥16,500ブローチ[AMOUR]¥17,600(ともにアデルビジュー/アデルビジュー ショールーム)ブローチ[ハート風]¥33,440(ベン・アムン/ZUTTOHOLIC)

スタイリストのおすすめポイントは…
今までは単体で存在感のあるビジューやパールを取り入れたデザインが多かったブローチ。今季は地金で構成されたものが目を引きました。1点だけでつけるよりは、素材や質感違いのものを複数づけがするほうがおすすめ。すでに持っているものとミックス使いもしやすいはず。ユニークでモダンな形を選ぶと、よりあか抜けた雰囲気に仕上がります。(スタイリスト児嶋さん)

【TREND⑩】“パンツ以外”でデニムを取り入れるのが新しい!

スタイリストのおすすめポイント
ビスチェ¥5,390(ザ ショップ ティーケー/ワールド プレス インフォメーション)

スタイリストのおすすめポイントは…
ハイライズからローライズ、太めのマザーズ風までこなれたスタイリングに欠かせないデニムパンツ。フレッシュな形でデニムを取り入れるなら、今年は“パンツ以外”のアイテムを選ぶのがポイント。デニム素材自体がカジュアルな印象なので、ちょっと甘めのディテールのデザインを選んでも大人っぽく着こなせます。(スタイリスト児嶋さん)


教えてくれたのは…
人気CLASSY.スタイリスト・児嶋里美さん

洗練された雰囲気を残した大人かわいいコーデが得意。トレンドアイテムはもちろん、カラー使いやデコラティブなアイテムなどを取り入れながら完成する大人な甘党スタイルに定評あり。

撮影/五十嵐 洋 スタイリング/児嶋里美 取材/石津愛子 構成/CLASSY.編集部

MOVIE

MOVIE

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup