【コーデ実例】大人の肌見せこそジャケットが頼れる!

短丈トップスにミニスカート…今、大人世代にも肌見せ服が流行中!ブームにあやかって挑戦してみたいけど、なかなか勇気が出ない…なんて人も多いのでは?そんな時もジャケットの出番。攻め要素をうまくまとめる包容力に頼れば、上品な大人の肌見せバランスが完成!

やってみたいお腹チラ見せも、ジャケットのまじめさでバランスよく!

大人のお腹チラ見せは、あくまでも控えめに。トレンド真っ只中のクロップト丈トップスとハンサムなジャケットがあれば、理想的かつ新鮮なスタイルが実現します。

旬のパラシュートパンツを合わせ

旬のパラシュートパンツを合わせて上下のボリューム感に差をつけるのがコツ
スポーティだけど、ジャケットをはじめレザーのバッグやローファーできちんと感も。ジャケット¥108,900(エイトン/エイトン青山)Tシャツ¥18,700 キャップ¥7,480(ともにシー/S-STORE)肩に掛けたスウェット¥28,600(エイトンステイプルズ)パンツ¥19,910(リネイヴ/ネイヴ)バッグ¥50,600(ヴァジック/ヴァジックジャパン)ローファー¥29,150(カミナンド/グ ラビテート)ソックス¥990(タビオ メン/タビオ)ネックレス¥46,200(アルポ/ZUTTOHOLIC)ブレスレット¥9,350〈インムード〉リング¥22,000〈オンブル ビジュー〉(ともにフォーティーン ショールーム)

\着用したのはこちら/

クロップト丈Tシャツ 首元と袖

クロップト丈Tシャツ
首元と袖にダメージ加工が入ったヴィンテージ風デザイン。ロゴもグレーで統一されているから大人っぽさ抜群。Tシャツ¥18,700(シー/S-STORE)

撮影/藤原 宏(Pygmy Company)〈人物〉、 清藤直樹〈静物〉 モデル/松井愛莉 ヘアメーク/室橋佑紀(ROI) スタイリング/平沼洋美 取材/岸本真由子 再構成/Bravoworks,Inc.

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup