大人の春カジュアルコーデが素敵に見えるコツ【他にはないデザインのバッグで遊んでみる】

基本はベーシックだけど、春に向けて少しアップデート感が欲しい。それなら、いつものジャケットコーデに〝ひと癖〟加えて王道をあえてハズしてみては。おしゃれの幅が広がって〝ジャケットで行きたい場所〟まで増えるはず。キュート派がすぐに真似できるハズし技をご紹介します。

いつもの「真面目」なものではなくサイズや形が特徴的なバッグでハズす

着こなしに変化が欲しいならバッグを替えてみるのも手。一見、ジャケットとは親和性の低そうなバッグこそ、コーデの幅を広げるキーアイテムなんです。

キュート派は…

コンサバな印象を崩す自分好みの柄や形を選んでモチーフバッグでハズす

遊び心とギャップのある小物使い

遊び心とギャップのある小物使いで隙のあるおしゃれを満喫
風車をイメージしたバスケットバッグで着こなしに話題性をプラス。バッグ¥85,800(ケイト・スペード ニューヨーク/ケイト・スペード カスタマーサービス)ジャケット¥70,400(アナログライティング × ニコラ ジェンソン/リノウン)ニット¥26,400(ギャルリー・ヴィー/ギャルリー・ヴィー 丸の内店)スカート¥45,100(ユニオンランチ/サザビーリーグ)パンプス¥69,300(ペリーコ/アマン)ピアス¥15,400(メラキ/フラッパーズ)ネックレス¥34,100(リューク)バングル¥16,500(エムシー・スタジオ/ZUTTOHOLIC)

撮影/川﨑一貴(Ajoite) モデル/石川 恋 ヘアメーク/あきやまひとみ スタイリング/濱口沙世子 取材/伊藤綾香 再構成/Bravoworks,Inc.

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup