大人の春カジュアルコーデが素敵に見えるコツ【春のキレイ色ニットを肩がけして抜け感を出す】

基本はベーシックだけど、春に向けて少しアップデート感が欲しい。それなら、いつものジャケットコーデに〝ひと癖〟加えて王道をあえてハズしてみては。おしゃれの幅が広がって〝ジャケットで行きたい場所〟まで増えるはず。キュート派がすぐに真似できるハズし技をご紹介します。

巻いても、肩に掛けるだけでも いつものトップスを肩掛けしてハズす

ジャケットの上にトップスを重ねるレイヤードで、着こなしに旬なムードとヌケ感をプラス。重ねるアイテムの素材や色味を意識したら、なりたい印象へ難なく近づけます。

キュート派は…薄手のキレイ色ニットを肩掛けして差し色でハズす

パステルイエローで顔まわりを明

パステルイエローで顔まわりを明るくモノトーンコーデに親しみやすいヌケ感を
カーディガン・バッグ・靴の3点に春らしいパステルカラーを効かせて。優しげトーンの差し色なら、ベーシックとも相性よく、悪目立ちしない華やかさで好感度もばっちりです。ジャケット¥108,900(マディソンブルー)肩に掛けたニット¥36,300(エブール フォー ロンハーマン/ロンハーマン)Tシャツ¥9,680(カオス/カオス丸の内)スカート¥41,800(ソブ/フィルム)バッグ¥143,000(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)パンプス¥57,200(ネブローニ)ピアス¥16,060(バルブス/ZUTTOHOLIC)ネックレス¥31,900(マリハ)バングル¥77,000(リューク)

撮影/川﨑一貴(Ajoite) モデル/石川 恋 ヘアメーク/あきやまひとみ スタイリング/濱口沙世子 取材/伊藤綾香 再構成/Bravoworks,Inc.

Feature

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup