いつもの定番シンプルコーデがグッとあか抜ける技って?【アラサー女子】

2月20日(火)、「ブルーシャツ」は通勤服の定番ですが、真面目に見えすぎてしまうという悩みも。ゆるっと余裕を持たせたビッグシルエットなら、肩肘の張った印象を上手に解決してくれておすすめ。袖をふんわりロールアップさせたり、タイトスカートと合わせれば、ユニセックスなシャツに女性らしさが備わります。後ろだけアウトして着れば、抜け感が加わり、気になるヒップ周りもカバーしてくれるので一石二鳥。

2月20日(火)、「ブルーシャ

シャツ¥19,580(ザ シンゾーン/シンゾーン 表参道本店)スカート¥29,700(カオス/カオス丸の内)バッグ¥385,000(ロウナーロンドン/エイチ アイ ティー)ストール¥67,200(アソース メレ/アイネックス)ブーツ¥33,000(銀座かねまつ/銀座かねまつ6丁目本店)ピアス¥31,900(マリハ)ネックレス¥9,350(イン ムード/フィーティーン ショールーム)

『CLASSY.』2024年2月号より
再構成/川上あまの、CLASSY.ONLINE編集室

Feature

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup