「フレアスカート」でほっこりしないオシャレ見えコーデ6選

存在感たっぷりな「フレアスカート」ですが、なんだかほっこりしそう……と上手く活用できていない人も多い模様。そんなお悩みを解決する、好バランスな「フレアスカートコーデ」をお届けします。アイテムの組み合わせ方や配色に注目すれば、グッと新鮮に、大人っぽく楽しむヒントが見つかるはず。

甘くなり過ぎない大人の「フレアスカートコーデ」

存在感溢れるフレアスカートは、カジュアルに着崩してこなれ感を演出したり、グレーや黒を選んで甘さをセーブしたりと、“ただ可愛い”だけじゃない、大人の着こなしを目指すのがおすすめです。コーデを華やかにしてくれる、有力アイテムとして活用してみて。

※本記事は過去の「CLASSY.」「CLASSY.ONLINE」記事を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。また、価格は掲載当時の価格です。
文/小林愛 編集/永吉徳子(CLASSY.ONLINE編集室)

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup