オンライン限定記事

スタイルアップして見える「タートルニット」コーデ6選

肌寒い時季の定番トップスといえば、「タートルニット」。ボディラインに沿うぴったりめのシルエットだからこそ、合わせるアイテム選びには気を配りたいもの。今回は、着痩せして見える技ありタートルニットコーデをご紹介します。

【ユニクロの黒タートル】は普通に着ないのがポイント!大人の差がつく冬コーデ6選

ちょいテクで差がつく!「タートルニットコーデ」

  • 肌寒い時季の定番トップスといえ

    【ニットの素材感とワンピースでフェミニンに仕上げる
    ほどよく肌が透けるシアー素材のタートルニットに、ワンピースを重ねて体型カバーを狙って。足元はフラットシューズで、抜け感を出すのがポイント。仕上げにキレイ色のカラーバッグを投入すれば、モノトーンコーデに大人の華やかさが備わります。

  • 肌寒い時季の定番トップスといえ

    【きれいめチノパンツを合わせてトラッドにまとめる】
    ボディラインが出やすい薄手のリブタートルには、固め素材&タック入りのチノパンツを合わせて、下腹ぽっこりを回避。黒のベルトとシューズでコーデ全体を引き締めれば、シンプルな装いが一気に洗練見えします。チェーンバッグの煌めきが、さりげなく女性らしさを醸し出してくれます。

  • 肌寒い時季の定番トップスといえ

    【シンプルの中に洒落た余韻が香るボーダーのチラ見せテク
    マンネリしがちなリブタートルニットも、内側からボーダー柄インナーを覗かせることで一気に洒落顔に。きちんと感のある白パンツを合わせれば、オフィスでも一目置かれる上品コーデが完成します。手首&足元をほどよく肌見せすることで、抜け感がプラスされ、着痩せ効果も狙えます。

  • 肌寒い時季の定番トップスといえ

    【大人の定番・黒タートルはインナー代わりとしても活躍】
    白シャツからタールニットのネック部分を覗かせて、きちんとした印象に。トップスをハイウエストパンツにINすることで、脚が長くキレイに見えます。パンツのスタッズ、首元のパールでさりげなく華やかさを足すと地味見えしません。

  • 肌寒い時季の定番トップスといえ

    【万能グレーニットはカラーアイテムとも好バランス
    シアー素材のタートルニットとウォッシュの効いたブルーデニムで、いつものカジュアルコーデを一歩更新。目を引く赤のCPOジャケットを羽織りつつ、同系色のヒールつきパンプスで女らしさを味つけすれば、オシャレ上級者の装いが完成します。バッグは、シルバーをチョイスしてちょっぴり辛口に仕上げるのが◎。

  • 肌寒い時季の定番トップスといえ

    【黒タートル×ビスチェの重ね技で普段の装いにスパイスを】
    ボディラインがくっきり見えがちなタートルニットは、ニットビスチェをレイヤードすることで体型カバーが可能。ストレートシルエットの濃い色デニムを合わせて、大人っぽくまとめるのがおすすめ。ビスチェと、バッグのパイピングのカラーをさりげなく合わせるところに、お洒落テクが光ります。

困ったら手に取れる、大人コーデの強い味方「タートルニット」。定番アイテムだからこそ、ビスチェやワンピースとのレイヤードで一歩先のスタイリングを楽しんでみるのもおすすめです。これからの時季は、ちょっぴり春らしさも感じられる明るいカラーにチャレンジするのも◎。

※本記事は過去の「CLASSY.」「CLASSY.ONLINE」記事を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。また、価格は掲載当時の価格です。
文/佐々木佑季 編集/永吉徳子(CLASSY.ONLINE編集室)

「タートルニット」関連記事

ユニクロの黒タートルを賢く着こなして!大人の冬カジュアルシャツコーデ【着回しDiary】

【今日の服装】着太りしない「白タートルニット」の着こなしは?【アラサー女子】

「黒のタートルニット」定番アイテムを素敵に見せるテクニック5選

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式X @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus