山本美月さんが挑戦!「黒コート」にグレー&ベージュを足したらシンプルで素敵すぎる

定番のモノトーンスタイルもいいけれど、凛とした雰囲気とソフトな佇まいを備えたグレーとベージュを加えることで、いつものコーディネートが簡単に更新!大人っぽさや品の良さはそのままに、新鮮な着こなしで、冬のオシャレを楽しんで。

コートとジャケットで構成する、洗練されたあったかスタイル

澄んだ空気の中を颯爽と歩きたい新年。頼れるのは、底冷えする寒さでも軽快に動ける、チノパンが主役のあったかコーデ。どんなベージュとも好相性の黄味のあるグレージャケットに黒のコートを羽織れば全体がシャープにまとまります。

ベージュとグレーを繋ぐ黄味のあ

ベージュとグレーを繋ぐ黄味のあるグレーのジャケットが大活躍!
ドロップショルダーのざっくりデザインのコートなら、下にジャケットを忍ばせてもサマに。コート¥96,800(カオス/カオス丸の内)ジャケット¥46,200(FRAY I.D/FRAY I.D ルミネ新宿2店)カットソー¥18,700(サクラ/インターリブ)チノパン¥20,900(ザ シンゾーン/シンゾーン 表参道本店)バッグ¥355,300ローファー¥127,600(ともにトッズ/トッズ・ジャパン)ベルト¥15,400(アルアバイル)ソックス¥1,210(靴下屋/タビオ)ピアス¥4,320(アビステ)ネックレス¥17,600(ココシュニック オンキッチュ/ココシュニック)ストール¥38,500(アソース メ レ/マルティニーク ルミネ横浜)

\着用したアイテムはこちら/

撮影/倉本侑磨(Pygmy Company)〈人物〉、佐藤 彩〈静物〉 モデル/山本美月 ヘアメーク/笹本恭平(ilumini) スタイリング/平沼洋美 取材/棚田トモコ 撮影協力/ Café Apéro 西麻布本店、愛宕神社 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup