【スウェット】年末年始は部屋着に見せない【セットアップ】

人と会う機会の多い年末年始。日

人と会う機会の多い年末年始。日常のワードローブに欠かせない“スウェット”も、行く場所や会う相手を選ばない、大人な着こなしが理想です。ベーシックなアイテムながら今どき感もばっちり!誰からも好印象を得られる“カジュアル過ぎない”スウェットコーデをご紹介します

単調になりがちなセットアップはレイヤードで洒落感アップ

単品でもセットでワンピースのよ

単品でもセットでワンピースのようにも活躍するセットアップ。セットで着るときはいかに部屋着っぽさをなくすかがポイントです。インナーにボーダーのカットソーを重ねて袖口から覗かせたら、途端にパリシックな雰囲気へと昇華。小物含め、あえて全身をモノトーンで揃えることで、一層洒脱な雰囲気へと導けます。
スウェット¥16,940スカート¥16,940(ともにアンクレイヴ ホワイト/オンワード樫山)カットソー¥16,500(ルミノア/ゲストリスト)バッグ¥69,300(ロンシャン/ロンシャン・ジャパン)帽子¥1,990[一部店舗のみ販売](GU)スニーカー¥15,400(ナイキ スポーツ/NIKEカスタマーサービス)イヤリング¥71,500(マリハ)

ボーダーをチラ見せしてパリジェンヌ気分の着こなしに

袖口を見せて、あえてキレイにま

袖口を見せて、あえてキレイにまとめすぎないことがパリっぽい装いに寄せるポイント。コーデに奥行きが生まれ、のっぺりと間延びして見えるのも避けられます。裾を少しINして立体的なシルエットを作って。

他にこちらもおすすめ

【問い合わせ先】
Gap gap_info@gap.jp / オンワード樫山 03-5476-5811 / ゲストリスト 03-6869-6670 / ザ ショップ スローン 新静岡セノバ店 054-266-7241 / GU https://www.gu-global.com / SNIDELルミネ新宿2店 03-3345-5357 / NIKEカスタマーサービス 0120-6453-77 / マリハ 03-6459-2572 / ロンシャン・ジャパン 0120-150-116

撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)[人物]、清藤直樹[静物] モデル/織田梨沙 ヘアメーク/イワタユイナ スタイリング/児嶋里美 取材/伊藤綾香 構成/永吉徳子(CLASSY.ONLINE編集室)

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup