白のケーブルニットが大人可愛い大晦日のきれいめカジュアル冬コーデ【着回しDiary】

今回の着回しDiaryは…
今月の主人公は推理小説家。山荘に籠って執筆しようと思ったら…事件発生!?大雪により外部と閉ざされた山奥は、もはや巨大な密室。1カ月後、助けが来るまでに犯人を見つけられるのか…?ちゃんとあったかくてオシャレさも叶う16着で作る、12月コーデもお見逃しなく!

12/31(日曜日)
下山の準備をしていると
七瀬との別れが寂しいのかやけに鳴くポコ。
「ワン!」走っていく方へ着いていくと…
そこには小さな犬小屋が。その中に…あった!
全部あなたの仕業だったのね

もしかして物置のドアを閉めたの

もしかして物置のドアを閉めたのもあなた?私、なぜか嫌われてたもんね…。それはそうとみんなに報告しなくちゃ!「リョータさん、ミキさん!指輪が見つかりましたよ!」アカネが駆け寄ると…一瞬強い風が吹いて雪が舞い上がり、カップルの姿は見当たらなくなっていた。それ以外の盗品は、無事持ち主のもとに返っていったとさ。スニーカー¥17,600(ニューバランス/ニューバランス ジャパンお客様相談室)ピアス¥38,500(マリハ)※その他スタイリスト私物[七瀬]ニット¥90,200パンツ¥46,200(エイトン/エイトン青山)スニーカー¥22,000(ニューバランス/ニューバランスジャパンお客様相談室)メガネ¥34,100(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)※その他すべてスタイリスト私物

アカネが雪山籠りに選んだ
アイテムは…

この話の主人公は…

金田一アカネ(31)
推理小説家。新作の長編小説を書くために、1カ月籠る決意で人里離れた山荘へ。そこで謎の盗難事件に巻き込まれて…!?編集者でありバディの七瀬雪夫とともに、犯人を捜し出す!祖母は名探偵・金田一助子。決め台詞は「バッチャンの名にかけて!」

あらすじ

新作のミステリー小説を書くために、雪深い某県の山荘へやってきた金田一アカネ。集中して執筆するぞ!…と思ったら、着いた初日に大雪…そして宿泊客の高価な指輪が盗まれる事件が発生!橋が崩落して通行止め、助けが来るのは1カ月後。携帯の電波は通じず、電話線も切られてるって!?周囲に他のペンションや民家はなく、この山奥にいるのは今ここに宿泊している7人のみ。つまり、犯人はこの中にいる…!

撮影/藤原 宏(Pygmy Company)〈人物〉、清藤直樹〈静物〉 モデル/堀田 茜、照屋和輝 ヘアメーク/神戸春美 スタイリング/児嶋里美、中西ナオ 取材/佐藤かな子 写真提供/AFLO  Special Thanks/榿澤涼太、中村美貴、岸本真由子、shanty、MUNEKI、ポコ 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup