ノルディック柄のニットで大人可愛い冬のあったかキレイめコーデ【着回しDiary】

今回の着回しDiaryは…
今月の主人公は推理小説家。山荘に籠って執筆しようと思ったら…事件発生!?大雪により外部と閉ざされた山奥は、もはや巨大な密室。1カ月後、助けが来るまでに犯人を見つけられるのか…?ちゃんとあったかくてオシャレさも叶う16着で作る、12月コーデもお見逃しなく!

12/24(日曜日)
聖なる夜に事態は動いた。
「犯人はオーナーだわ!」部屋に突入すると…
「し、死んでる!?」
…と思ったら、睡眠薬で眠っていただけだった

枕が盗まれてからというもの毎晩

枕が盗まれてからというもの毎晩満足に眠れなくて、薬を飲んだら効きすぎちゃったみたい…。シューズ¥41,800(ファビオ ル スコーニ & ウォッシュ/WASH ルミネ横浜店)タイツ¥3,190(Tabio/タビオ)イヤリング¥8,800(マージョリー・ベア/ココシュニック 新宿タカシマヤ店)バングル¥11,550(エイチアッシュ/フォーティーン ショールーム)[七瀬]ジャケット¥93,500カーディガン¥49,500(ともにエイトン/エイトン青山)メガネ¥34,100(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)[オーナー]パジャマ¥10,890(エル・エル・ビーン/L.L.Beanカスタマーサービスセンター)帽子¥4,400(ニューエラ)[登山家]ジャケット¥14,300パンツ¥14,850帽子¥2,860(すべてコロンビア/コロンビアスポーツウェアジャパン)サングラス¥33,000(アイヴォル/アイヴォル トウキョウ ストア)[リョータ]ベスト¥5,280(ユナイテッドアスレ/キャブ)パンツ¥26,400(サンディニスタ/トゥー・ステップ)[ミキ]イヤマフラー¥13,200(アグ/デッカーズジャパン)※その他すべてスタイリスト私物

アカネが雪山籠りに選んだ
アイテムは…

この話の主人公は…

金田一アカネ(31)
推理小説家。新作の長編小説を書くために、1カ月籠る決意で人里離れた山荘へ。そこで謎の盗難事件に巻き込まれて…!?編集者でありバディの七瀬雪夫とともに、犯人を捜し出す!祖母は名探偵・金田一助子。決め台詞は「バッチャンの名にかけて!」

あらすじ

新作のミステリー小説を書くために、雪深い某県の山荘へやってきた金田一アカネ。集中して執筆するぞ!…と思ったら、着いた初日に大雪…そして宿泊客の高価な指輪が盗まれる事件が発生!橋が崩落して通行止め、助けが来るのは1カ月後。携帯の電波は通じず、電話線も切られてるって!?周囲に他のペンションや民家はなく、この山奥にいるのは今ここに宿泊している7人のみ。つまり、犯人はこの中にいる…!

撮影/藤原 宏(Pygmy Company)〈人物〉、清藤直樹〈静物〉 モデル/堀田 茜、照屋和輝 ヘアメーク/神戸春美 スタイリング/児嶋里美、中西ナオ 取材/佐藤かな子 写真提供/AFLO  Special Thanks/榿澤涼太、中村美貴、岸本真由子、shanty、MUNEKI、ポコ 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup