【ディオール】憧れブランドの秋注目「モノグラムバッグ」3選

ずっと昔からあって、変わらなくて、今も現役。流行が移り変わっても廃れず、身に着ける人に品格を与える存在――それはトラッドスタイルのことであり、モノグラムのことでもある。そんな両者はもちろん相性抜群!仕上げに選びたい秋のitバッグを紹介します。

【DIOR】どこまでも上品でエレガント。永く愛せるバッグでレディなトラッドを実現

1967年に考案されたディオールのモノグラムである「ディオール オブリーク」。ブランド初の女性クリエイティブ・ディレクターであるマリア・グラツィア・キウリにより再解釈され、様々なアイテムに用いられるように。どこか懐かしいエクリュ&ブルーの世界観も、私たちのハートを奪う理由。

1.〈モデルと同〉書籍を多く持

1.〈モデルと同〉書籍を多く持ち運べる、書店のトートバッグから着想を得たバッグ。大容量かつエレガントに持てるところがさすが。 2.秋冬の新作は、かっちりしたフォルムがトラッド気分にぴったり。上部には〝CD〟ツイストクラスプを添えたダブルフラップが。「ボストンバッグ」〈H12.5×W20×D16.2㎝〉¥510,000 3.優美なカーブを描くラウンドフラップが特徴の横長バッグ。ディオールの香水ボトルの栓にインスパイアされたアンティークゴールドトーンのメタルも華やか。「30 モンテーニュ アヴェニュー」〈H12.5×W22.5×D6.5㎝〉¥540,000(ともにディオール/クリスチャン ディオール)

撮影/Kevin Chan  スタイリング/三好 彩 取材/志摩有子
※文中のバッグのサイズはH=タテ、W=ヨコ、D=マチです。

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup