【ヴィトン】憧れブランドの「モノグラムバッグ」が秋には大活躍!

ずっと昔からあって、変わらなくて、今も現役。流行が移り変わっても廃れず、身に着ける人に品格を与える存在――それはトラッドスタイルのことであり、モノグラムのことでもある。そんな両者はもちろん相性抜群!仕上げに選びたい秋のitバッグを紹介します。

【LOUIS VUITTON】ブランドのイニシャルとフラワー&スターが織り成すタイムレスなモノグラム

きっと、世界で一番有名なモノグラム。1896年に誕生し歴史を紡いできたアイコンは、シンプルかつ洗練された雰囲気がまさに私たちの憧れ。ベーシックなものから最新のデザインまで表情を変えながら進化しているところも注目したい。大人になった今こそ改めて王道の素晴らしさを感じて。

デニムにチェックジャケット、定

デニムにチェックジャケット、定番のトラッドもトップスのレイヤードテクで今っぽく。柄とも合わせやすいのが、モノグラムの魅力のひとつ。「ソミュールBB」〈H16×W20×D7.5㎝〉¥353,100靴¥185,900(ともにルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス)ジャケット¥82,500〈ゲミニー〉ニット¥33,000〈ウィム ガゼット〉(ともにウィム ガゼット ルミネ新宿店)プルオーバー¥7,920(カランシエル/シップス インフォメーションセンター)デニム¥16,500(ニードバイ ヘリテージ×ジーンズ ファクトリー/ジーンズ ファクトリー 卸団地本店)

撮影/柴田フミコ  モデル/堀田 茜 ヘアメーク/笹本恭平(ilumini) スタイリング/三好 彩 取材/志摩有子 再構成/Bravoworks.Inc
※文中のバッグのサイズはH=タテ、W=ヨコ、D=マチです。

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup