【今日の服装】「黒スキニー」を古く見せないコツとは?【アラサー女子】

7月16日(日)、ワイドシルエットのパンツが主流の今、あえて「黒スキニー」を穿くなら、着こなしにちょっとした冒険を取り入れるのが◎。Tシャツにキャミソールをオンしたレイヤードコーデがうまくまとまるのは、シンプルなボトムだからこそ。足元はローファーで上品さを取り入れて、カジュアルさとのバランスを大切に。

7月16日(日)、ワイドシルエ

キャミソール¥19,800(styling//styling/ルミネ新宿1店)Tシャツ¥1,650(ヘインズ/ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター)デニムパンツ¥8,349(エドウイン/エドウイン・カスタマーサービス)傘¥3,080(エスタ/ムーンバット)ギンガムチェックバッグ¥8,250(テンベア)ローファー¥17,600(ダニエラアンドジェマ)ピアス¥9,680(オクト)2連ネックレス¥6,820(アビステ)ブレスレット¥36,300リング¥24,200(ともにガルニ/ガルニトウキョウ)

『CLASSY.』2023年7月号より
再構成/CLASSY.ONLINE 編集室、岩本亜有美

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup