大人が2回目にデートする時にふさわしい格好を考える「スポーツ観戦に行く場合」

平日、お仕事終わりにマッチングアプリや合コンで好印象だった彼と、いざ2回目の休日デートへ!今時は休日だからと言って急に服装でギャップを見せるのはナンセンス。キレイめ路線をキープしたデート服を選んで、本命彼との時間を思う存分楽しんで!

\スポーツ観戦なら.../

Tシャツ以上ブラウス未満の“デザインカットソー”を味方に

「Tシャツだとボーイッシュすぎる」、「アメスリは勇気がいる」と悩むキレイめ派に一押しなのはデザインカットソー。ひとクセ効いたデザインで無難に陥ることなく、スポーツ観戦にふさわしいヘルシーさも難なくクリア。

優しげなカラーリングでまとめて

優しげなカラーリングでまとめて親近感も好感度も手に入れて
レイヤード風のデザイントップスで、真夏のワンツーコーデも脱・無難。白、ミント、グレーのあえてコントラストをつけないやわらか配色も好印象のカギ。カットソー¥9,900〈ハチイチブランカ〉ピアス¥11,000〈フォークバイエヌ〉(ともにUTSPR)パンツ¥15,950(アンクレイヴ スタンダード/オンワード樫山)バッグ¥165,000(J&M デヴ ィッドソン/J&M デヴィッドソン カスタマーセンター)スニーカー¥6,380(コンバース/コンバー スインフォメーションセンター)サングラス¥20,900(FURLA/デリーゴジャパン)
[Juan]シャツ¥18,800(ザ クワイエットライフ)Tシャツ¥8,800(アロハ サンデー/サーライフ)パンツ¥30,800(junhashimoto×エドウイン/junhashimoto)シューズ¥46,200(パントフォラ・ドーロ/アドナスト ミュージアム)キャップ¥4,400(ニューエラ)ネックレス¥22,000バングル¥52,800ビーズブレスレット¥11,000(すべてサンク/ジャクソン マティス)

【Satomi’s comment】

デニム合わせだとカジュアルが加速しがちなので、カラーパンツで爽やか&上品に。ワイドシルエットならリラックス感も演出できます。

教えてくれたのは...

◼︎スタイリスト 児嶋里美さん

◼︎スタイリスト 児嶋里美さん
キレイめをベースに甘さを効かせた華やかなスタイリングが得意。読者に寄り添った提案にも信頼があり、6号連続でデート企画を担当。

撮影/須藤敬一 モデル/土屋巴瑞季、Juan ヘアメーク/廣瀬浩介 スタイリング/児嶋里美〈女性分〉、齋藤良介〈男性分〉 取材/坂本結香 再構成/Bravoworks.Inc

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup