【今日の服装】「デート服に白Tがいい」その理由は?【アラサー女子】

7月7日(金)、コロナ禍を経て仕事服のスタンダードが変化を遂げた今、会社帰りのデートもアップデートが必要。夏の王道「白T」は、かしこまりすぎず、同時にオシャレのアレンジも叶うイチオシアイテムです。デニムにジャケットという、キレイめの中にも抜け感があるスタイルが、夏の開放的なビアテラスデートにぴったり。

7月7日(金)、コロナ禍を経て

[女性]ジャケット¥74,800(カオス/カオス表参道)Tシャツ¥15,400(エイトン/エイトン青山)パンツ¥27,500(アッパーハイツ/ゲストリスト)ベルト¥27,500(フミエタナカ/ドール)バッグ¥46,200(VASIC/ヴァジックジャパン)パンプス¥64,900(ネブローニ/フラッパーズ)パールネックレス¥17,710(メルセデス・サラザール/ZUTTOHOLIC)ストーンネックレス¥80,300(マリハ)[男性]シャツ¥16,500(スティル バイ ハンド/スタイルデパートメント)Tシャツ¥28,600(サイドスロープ/ヘムトPR)パンツ¥28,600(ジュンハシモト×ディッキーズ/ジュンハシモト)シューズ¥31,900(エストネーション)

『CLASSY.』2023年7月号より
再構成/CLASSY.ONLINE 編集室、岩本亜有美

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup