太って見える?ほっこりする?大人向け「ボーダー」の正解コーデ6選

着回し力が高く安心感もある、永遠のベーシックアイテム「ボーダー」。コーディネートを支えてくれて助かるけど、つい同じような着こなしになってしまう…という人もいるのでは? 今回はただのカジュアルで終わらせない、CLASSY.流の「ボーダーコーデ」をご紹介。ぜひ新しい楽しみ方を見つけてみて。

アラサー女子におすすめ!「ボーダーコーデ」

子どもっぽく見えたりマンネリ化したりとちょっぴりお悩みがちなボーダーですが、色やシルエットを更新したり、旬なアイテムを加えることでグッとあか抜けコーデに。ぜひこの夏はひと味違うボーダーコーデを楽しんでくださいね。

※本記事は過去の「CLASSY.」「CLASSY.ONLINE」記事を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。また、価格は掲載当時の価格です。
文/小林愛 編集/平賀鈴菜(CLASSY.ONLINE編集室)

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup