【リーバイス501】王道&変わり種まで!大人におすすめの「デニムパンツコーデ」9選

ずっと定番でありながら、最近また気分が高まっている「リーバイス® 501®」。いつの時代もオシャレな人がこぞって愛用し、今でもルールにとらわれず自分らしい着こなしを楽しめる唯一無二のデニム。その魅力と最旬の着こなしテクを詳しくレクチャーします。

まずはいてみたいのが今の気分にぴったりハマる

「501® 90'S LIGHT INDIGO」のコーデ見本

モデルによってシルエットが変化!変わりダネデザインも揃います

各ブランドが世界観に合うシルエットでオーダー!なくなる前にチェックしたいセレクトショップ別注

ライター・宮沢さん&スタイリスト・荒木さんがリーバイス501®の魅力を語ってくれました!

リーバイス®501®を素敵にはいてる人のカッコよさって特別なんです!

宮沢:最近、メンズっぽいぶかっ
デニムパンツ¥15,400(リーバイス®/リーバイ・ストラウス ジャパン)Tシャツ¥3,850(プチバトー/プチバトー・カスタマーセン ター)スニーカー¥12,100(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)ブレスレット¥24,200 バングル¥28,600(ともにワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレジャパン)

宮沢:最近、メンズっぽいぶかっとしたデニムが気になってて、いわゆる王道の501®があらためて欲しいんだよね。
荒木:501®の〝ザ・ジーンズ〞っていう無骨な風合いが好きで何本も持ってるけど、ずっと定番として愛されているだけあってシンプルにはくだけでカッコいいしどんなときも頼りになるよね。
宮沢:今持ってる501®は細身のクロップト丈で、当時は女らしさと美脚が命だったんだよね。定番の501®はメンズっぽすぎて体型に合わないと思ってた。
荒木:自分に合うサイズ感に出合えれば似合わない人はいないと思う。私は最近あえて2サイズアップしたものを選んで腰を落としてはくのにハマってる。
宮沢:最近オシャレな人がみんな501®をぶかっとはいてるのがカッコよくて気になってたの。サイズアップしてたんだね!ずっと細身のものを選んできたから、その感覚はなかったな。
荒木:501®って、足元によってテイストも変わるから、1本持ってるといろんな着こなしが楽しめて便利だよ。もちろんヒールも合うから女らしくもはけるし。

〝カッコいい〟を左右するのはフィッティング!リーバイス®501®を今っぽくはくサイズ選びって?

\CLASSY.LEADERSが試しました!/

(左)CLASSY.LEADE

(左)CLASSY.LEADERS・東 美結さん/身長170㎝
東さんが選んだデニムは…【BIOTOP 501® ’90S LIGHT INDIGO】
ゆるめで細見えするのが新鮮!ハンサムな着こなしを楽しみたい

ひと目惚れした’90Sの2サイズアップにトライ。太めのシルエットが逆に脚を細く見せてくれて小尻効果も抜群。

(右)CLASSY.LEADERS・中村美貴さん/身長160㎝
中村さんが選んだデニムは…【501® JEANS FOR WOMEN LIGHT INDIGO】
細身一択からワンサイズ上げる旬のスタイルアップ術を発見!
キレイめにはける現行の細身ストレートをワンサイズアップでチョイス。股上が深く脚が長く見えるのも嬉しい!

撮影/倉本侑磨(Pygmy Company)〈モデル〉、宮本美和〈CLASSY.LEADERS〉モデル/有末麻祐子 ヘアメーク/MAKI
スタイリング/荒木里実 取材/宮沢裕貴子 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup