「デニムが古い気がする…」と違和感を持った日に試してほしい、簡単大人コーデ

〝なんとなく〟デニムを着るとあか抜けない…という人、必見!デニムコーデを無難に終わらせないためには、少しのアップデートが肝心。CLASSY.目線で厳選したサイズ感やシルエット、そして着こなしなど、デニムコーデが見違える6つの方法をご紹介します。

あか抜ける方法「ワントーンコーデにする」

あえて難しいことは考えず、ワントーンで全身をまとめてみる。色の統一感が生まれることで整った雰囲気になり、洗練された装いが完成します。硬い素材や柔らかい素材など、デニムを中心に異素材同士の組合せにすると、奥行きのあるワントーンに。

インディゴデニムで作るネイビー

インディゴデニムで作るネイビーワントーンに洗練と知性が宿る
通勤にも対応する、落ち着きのあるインディゴデニム。ワントーン×ロングジレでIラインを強調して、シャープな仕上がりに。デニムパンツ¥24,200(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)ジレ¥26,950(アンクレイヴ スタンダード/アンクレイヴ)リブニット¥20,900(マルモア/DMC)バッグ¥179,300(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン カスタマーセンター)サンダル¥29,700(ギャルリー・ヴィー/ギャルリー・ヴィー 丸の内店)ストール¥31,900(アソース メレ/アイネックス)ネックレス¥44,000(ペヨテバードデザイン/ZUTTOHOLIC)バングル¥8,100(アビステ)ーバランス/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店)キャップ¥12,100(サクラ/インターリブ)イヤリング¥7,700(アビステ)アクアマリンリング¥385,000(マリハ)

撮影/菊地 史(impress+) モデル/山崎紘菜 ヘアメーク/MAKI スタイリング/平沼洋美 取材/広田香奈 再構成/Bravoworks.Inc

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup