【今日の服装】野暮ったく見えない「カーディガン」の羽織り方って?【アラサー女子】

3月19 日(日)、カットソーだけでは心もとない今の時季、ざっくりとしたケーブルデザインのカーディガンを羽織れば、暖かさと今っぽさの両方が叶います。ほっこり見えを避けるには、ボトムスをブラックデニムで辛口に仕上げるのがおすすめ。大きめのトートバッグや端正な白スニーカーで、シャープな要素を散りばめるとうまくいきます。

3月19 日(日)、カットソー

カーディガン¥36,300(yori)カットソー¥9,350(ハチイチブランカ/UTS PR)デニムパンツ¥6,990(Gap/Gap新宿フラッグス店)バッグ¥63,800(ア ヴァケーション)スニーカー¥11,000(リーボック)サングラス¥57,200(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)ネックレス¥9,900(インムード/フォーティーン ショールーム)

『CLASSY.』2023年2月号より
再構成/CLASSY.ONLINE 編集室、岩本亜有美

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup