【今日の服装】通勤にも!「Gジャン」なのにキレイめな着こなしとは?【アラサー女子】

3月6日(月)、カジュアル度が高いGジャンは、ジャストサイズを選んで上からジャケットを重ねれば、どこかキレイめな印象に。ハンサムなジャケパンコーデにほどよい抜け感が備わります。寒さの残るこの時季は、防寒と軽快さが両立するレイヤード術で、ひと味違う通勤コーデに仕上げて。

3月6日(月)、カジュアル度が

Gジャン¥75,900(マディソンブルー)ジャケット¥72,600ノースリーブニット¥31,900パンツ[ベルト付き]¥50,600(すべてebure/ebure GINZA SIX 店)バッグ¥150,700ローファー¥126,500(ともにピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)イヤリング¥2,100バングル各¥6,480(すべてアビステ)

『CLASSY.』2023年3月号より
再構成/CLASSY.ONLINE 編集室、岩本亜有美

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup