【サンローラン】トップモデル・松島花が語る「ハイブランドの本当の魅力」

花ちゃんが20代から愛用し、着続けているブランドのひとつである〝サンローラン〟が今回のテーマ。「着るだけで自信が持てる」「ブランドがイメージする女性像が好き」と、信頼度は絶大。メゾンを象徴する黒、そしてアイコンアイテムを使った3つのスタイリングで、その魅力に迫ります。

今回のメゾンブランドは「SAINT LAURENT」

History
イヴ・サンローランによって1961年にオートクチュールメゾンとして創業。1966年よりプレタポルテラインがスタート。スモーキングやシアー素材、パンタロンなど世界的なムーヴメントを巻き起こす革新的なクリエイションで一世を風靡する。現クリエイティブ・ディレクターはアンソニー・ヴァカレロ。モダンでエッジの効いた世界観でモード界を牽引し続けている。

カッコよく自立した理想の女性像を叶えてくれる信頼のメゾン

カッコよくいきたい日、自然と手が伸びる。そして袖を通せばたちまち自信が満ちてくる。辛口派の私が絶大な信頼を寄せるブランドこそ、今回ピックアップする〝サンローラン〞。私が愛してやまないブランドです。

スタートはオートクチュール。しかし、プレタポルテ(既製服)を初めて展開したメゾンでもあります。スモーキングやトレンチコート、サファリジャケットといった男性的なモチーフをウィメンズに取り入れた先駆けであると聞けば、〝サンローラン〞がいかに革新的な存在であったか、わかりますよね。ブランド立ち上げ当初はきっと今以上に男尊女卑の時代。自由になりたい、解放されたい、という当時の女性のマインドに強く響いたことでしょう。現クリエイティブ・ディレクターのアンソニー・ヴァカレロによる〝サンローラン〞は、「モードの帝王」とよばれたイヴ・サンローランへのオマージュをしっかりと感じさせながら、コンテンポラリーなアプローチ。毎シーズン新鮮な驚きを与えてくれるところが大きな魅力です。

20代のころから意思のあるカッコいい女性像が理想だった私にとって、サンローランのクリエイティブにはいつも共感してきました。クチュールブランドからスタートしたというメゾンの矜持によるものでしょうか、ファブリックやディテールは当然のことながら、常に上質。着るたびにエレガントな女性になりきれるのはさすがの一言。
サンローランをまとった日は、歩き方までいつもと変わってしまう。それはさながらランウェイを闊歩するかのように(笑)。そんな服がワードローブにあるって、本当に幸せだし心強いのです。

撮影/阿部裕介(YARD)モデル/松島 花 ヘアメーク/森野友香子(Perle management)スタイリング/荒木里実 取材/西道倫子 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup