特集

【今週の服装】大人カッコよくて華やかな「冬のカジュアル」コーデ7選【アラサー女子】

「CLASSY.ONLINE」およびCLASSY.公式インスタグラムで毎日更新している「今日の服装」。1週間分をまとめてお届けします。

  • 「CLASSY.ONLINE」

    手持ちの服が見違えるコーデ術とは?
    タック入りのワイドパンツに同系色のシャツをINして、ベルトでウエストマークをすれば、まるでオールインワン。インナーにはホワイトのタートルニットを重ねて、堅さをほどよくやわらげると◎。お仕事シーンに活躍しそうな、新たなハンサムコーデが完成します。

    パンツ¥26,400 ジャケット¥71,500(ともにエストネーション/エストネーション) シャツ¥30,800(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ) ニット¥37,400(エイトン/エイトン青山) ベルト[参考価格]¥23,100(アトリエ アンボワーズ/アマン) コインネックレス¥22,000ピアス¥58,300 リング¥258,500(すべてマリハ) ブーツ¥137,500(セルジオ ロッシ/セルジオロッシ カスタマーサービス) バッグ¥377,300(ロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)
    『CLASSY.』2023年1月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    みんな大好きな「黒コート」、コーデに差をつけるには?
    定番の「黒のロングコート」には、光沢の効いたスカートやロングブーツを掛け合わせて、無難見えを回避。クリーンな白をトップスに取り入れて、抜け感を出すとハードになりすぎません。キャップとパールネックレスの甘辛MIXな小物使いで、周りと差がつく冬のカジュアルコーデに。

    コート¥154,000(エイトン/エイトン青山)プルオーバー¥18,700(ドレステリア/ドレステリア 渋谷スクランブルスクエア店)スカート¥31,900(ダブルスタンダードクロージング/フィルム)キャップ¥18,700(ミュールバウワー/エスケーパーズオンライン)バッグ¥162,800(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)靴¥59,400(エストネーション/エストネーション)ネックレス¥10,780(エイチアッシュ/フォーティーン ショールーム)
    『CLASSY.』2023年1月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    真面目すぎない「グレー」の着こなし方って?
    地味見えしがちなグレーのアイテムは、濃淡をつけたワントーンコーデにするとこなれた印象に。トレンドのワイドパンツを選んで、シルエットをアップデートするのがコツです。鮮やかなカラーコートを羽織れば、知的で爽やかな通勤スタイルを叶えます。

    センタープレスハイウエストパンツ¥8,250(スタイルミキサー/バロックジャパンリミテッド)リブニット¥33,000(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)ショートコート¥47,300(イウエン マトフ/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店)頭に巻いたスカーフ¥14,300(マニプリ)バッグ¥24,200(トフ&ロードストーン/T&L)ブーツ¥41,800(ツル バイ マリコ オイカワ)ピアス¥34,650(ジョアンナ ローラ コンスタンティン/ZUTTOHOLIC)
    『CLASSY.』2023年1月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    簡単なのに、なぜかオシャレな超シンプルコーデって?
    黒のタートルニット×グレーのワイドパンツという、ベーシックな通勤コーデには、胸元のアクセサリーを忘れずに。このひと手間のおかげで、一見シンプルなスタイルが、グッとオシャレな印象に変わります。考えなくてもキマる時短コーデは、忙しい朝にひと役買ってくれるはず。

    ニット¥8,990(PLST)パンツ¥27,940(アンクレイヴ ホワイト/アンクレイヴ)ストール¥6,380(デッサン/ワールド プレスインフォメーション)バッグ¥16,500(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)パンプス¥104,500(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)めがね¥19,800(フルラ アイウェア/デリーゴジャパン)ネックレス¥52,800(マリハ)時計¥39,600(ココシュニック)
    『CLASSY.』2023年1月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    白と黒だけなのに華やかな「モノトーン」コーデって?
    白のボウタイシャツと、ニットベストを重ねた白のレイヤードが新鮮。今年らしいアイテム同士の掛け合わせは、モノトーン配色ならすっきりとまとまります。ジャケットのインナーに個性をプラスした、今どきな通勤スタイルで仕事終わりの予定を楽しんで。

    ジャケット¥91,300(ユニオンランチ/アパルトモン 青山店)ニットベスト¥16,500(トミー ヒルフィガー/トミー ヒルフィガー カスタマーサービス)シャツ¥15,400(エミ/エミ ニュウマン新宿店)パンツ¥31,900(カオス/カオス丸の内)バッグ¥64,900(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ 銀座店)パンプス¥52,800(ペリーコ/アマン)メガネ¥36,300(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)ピアス¥7,150ブレスレット¥9,350(ともにイン ムード/フォーティーン ショールーム)
    『CLASSY.』2023年1月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    懐かしの「デニムスカート」を今っぽく着るなら?
    デニム素材のスカートは、今年注目のミニ丈で軽快に着こなすのがおすすめです。大人っぽいキャメルのケープコートを羽織って、ラフにしすぎないのがコツ。華やかな赤のチェーンバッグで可愛さをプラスして、どこかパリシックな休日コーデに仕上げると◎。

    スカート¥46,200(マディソンブルー)ケープコート¥132,000(エストネーション)ニット¥53,000(ブルックス ブラザーズ/ブルックス ブラザーズ ジャパン)バッグ¥258,500 ブーツ¥195,800(ともにJIMMY CHOO)サングラス¥39,600(モスコット/モスコット トウキョウ)ピアス¥61,500 ブレスレット¥85,800(ともにヌゥ ユゥ/アイネックス)タイツ/スタイリスト私物
    『CLASSY.』2023年1月号より

  • 「CLASSY.ONLINE」

    重たく見えない「黒コーデ」って?
    上下とも黒のアイテムを着るときは、異素材MIXの掛け合わせが大原則。ふわふわニットと、ジャガード素材のスカートなら、表情のあるオールブラックコーデに仕上がります。キャップやメンズライクなブルゾンで、あえてカジュアルさを足して着るのが今の気分。

    ニット¥26,400(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ 表参道店)ブルゾン¥33,000(カレンソロジー/カレンソロジー新宿)スカートとして着用した2wayワンピース¥26,400(メゾンスペシャル/メゾンスペシャル 青山店)キャップ¥4,180(ニューエラ)チェーンピアス[左耳/10cm]¥60,500ピアス[右耳]¥53,900(ともにマリハ)スニーカー¥36,300(デイト/ティースクエア プレスルーム)バッグ¥119,900(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)
    『CLASSY.』2023年1月号より

再構成/CLASSY.ONLINE 編集室、岩本亜有美
※本記事は過去の「CLASSY.」「CLASSY.ONLINE」の記事を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。また、価格は掲載当時の価格です。

◆あわせて読みたい

【今週の服装】定番なのにこなれて見える「冬カジュアル」コーデ7選【アラサー女子】

【今週の服装】寒さ対策万全でもオシャレな「真冬の大人カジュアル」コーデ7選【アラサー女子】

【今週の服装】年始にちょうどいい「冬の大人カジュアル」コーデ7選【アラサー女子】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式X @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus