特集

大人が「ダウンジャケット」をただの防寒として着ない、おすすめの着こなしテクニック

「防寒に欠かせないダウンコートだけど、今っぽく着るにはどうしたら…?」と悩むなら、海外セレブのリアルスタイルをお手本にするのがおすすめです。今回はコーデのタイプ別に3名の人気モデルをピックアップ!簡単に取り入れられるおしゃれのポイントを、ぜひご参考に。

「大人のダウンジャケットコーデ」は海外セレブを意識すると生活感が出ない!

ただの防寒に見せない工夫を学びます

デニム合わせなら、ヘイリー・ビーバーがお手本

  • 「防寒に欠かせないダウンコート

    辛めのロゴTシャツを効かせてほっこり見えを回避
    ダウンジャケット¥59,400(ケープハイツ/グリニッジ ショールーム)ブラックカーディガン¥13,200〈ステートオブマインド〉ロゴTシャツ¥8,800〈フレーバーティー〉(ともにゲストリスト)デニムパンツ¥9,680(Mila Owen/Mila Owen ルミネ新宿2店)ベルト¥15,400(ATELIER AMBOISE/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町)バッグ¥133,100(ピエール アルディ/ピエール アルディ東京)ブーツ¥82,500〈ペリーコ〉ネックレス¥19,800〈アンセム フォーザ センセズ〉(ともにアマン)ピアス¥13,090バングル¥40,810〈ともにソコ〉リング¥9,240〈フル オブ グレイス〉(すべてZUTTOHOLIC)

  • 「防寒に欠かせないダウンコート

    ブルーデニムを黒ダウンで締めるスタイルが基本!
    黒ダウンにウォッシュのかかったブルーデニムを合わせた辛めのカジュアルコーデには、存在感のあるバッグやジュエリーを合わせてアクセントに。足元にヒールを選べば、ハンサムなスタイルでも女性らしさを漂わせることができます。

    【コーデのポイント】
    ・ゴツめなアクセでコーデにアクセントを
    ・野暮ったく見えないショート丈をチョイス
    ・コーデをカジュアルにハズすブルーデニム

Who’s HAILEY BIEBER?
ジャスティン・ビーバーの妻で人気モデル。レッドカーペットからオフスタイルまで、いつでも自由な着こなしで自分らしさを表現し、今やセレブ界のファッションアイコン的存在に。デニム使いの達人で、カジュアルコーデに女性らしい要素を効かせるのが上手。

撮影/佐藤航嗣(UM) モデル/土生瑞穂(櫻坂46) ヘアメーク/川村友子 スタイリング/濱口沙世子 イラスト/佐藤夏希 取材・文/伊藤綾香 再構成/Bravoworks.Inc

「ダウンジャケット」関連記事

「ずっと古く見えない定番コート」30代と50代の着こなしの差は?【短め丈のボリュームダウン】

【ユニクロ】人気ブランドの「売れ続いている名品コート」【今年アップデートされたロングダウン】

【ワークマン】極寒でも暖かい!爆売れの「通称・着るコタツ」にタウン仕様のアイテムが仲間入り!

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式X @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus