ファッション誌の編集スタッフが「それどこの?いいねえ!!!!!」と褒められた服28選

〝今日の私いい感じ〟自分でそう思える服もいいですが、“それどこの?”“可愛い!”と他の人にほめられると、買って良かった!って思うもの。洋服好きが集まるチームCLASSY.がリアルにほめられた服をご紹介します!

スタッフから高支持率のライターはトレンドキャッチ力で“ほめられる!”

[A] IIROT リブタート

[A] IIROT リブタートル
「着た時の立体感やネックの立ち上がり具合、後ろのスリットなど細部まで完璧なニット。仕事関係で会う方に〝それどこの?〟と聞かれることが多いです」(広田さん)

[B] CFCL スカート
「〝あ!CFCLだ!シルエットが可愛い!〟と編集部でよく声をかけられます。洗濯機で洗えて、オールシーズン着られる、まさに才色兼備なアイテム」(広田さん)

[C] CLANE ツイードジャケット
「普段シンプルなもの、辛口アイテムを着ることが多いので、友人から〝ツイード珍しい!いいね!〟とほめられました。顔周りが明るくなる気がします」(広田さん)

[D] Curensology カーディガン
「パール&ボリューム袖という甘ディテール服は、〝新鮮だね!〟と言われるアイテム。ショート丈で腰位置が高く見え、スタイルアップも叶います」(広田さん)

[A] HeRIN.CYE ア

[A] HeRIN.CYE アシンメトリーワンピース
「袖はギザギザとした個性的なデザイン、裾はアシンメトリー、異素材ミックス…、オシャレディテールが詰まったワンピはデザインの可愛さが好評です」(濱口さん)

[B] SEA ロゴスウェット
「ネオンカラーのグラフィックに視線が集まります。身幅とアームにはボリュームがあるものの、着丈が短めなのでスカートにもパンツにも合わせやすい」(濱口さん)

[C] uncrave WHITE ワイドパンツ
「かなりハイウエストなので〝脚長っ!〟と女友達に言われます。スニーカー合わせでカジュアルに着るのはもちろん、女らしく転ばすこともできるんです」(濱口さん)

[A] Arpege stor

[A] Arpege story ツイードジレ
「〝それ私も欲しい!〟〝可愛い!〟と甘党の方から、年齢問わずほめられました。立体的な設計で骨格ストレートでも着られる貴重なツイードです」(棚田さん)

[B] Shinzone タートルニット
「薄手なので、ざっくりカーデやシャツに重ねられるところがお気に入り。リブの凹凸が控えめで光沢感がある素材なのでカジュアルになりすぎません」(棚田さん)

[C] CINCH ジャケット
「デニムなどカジュアルアイテムにひと匙のきちんと感をプラスしてくれるジャケット。ライター友達に〝上質なジャケットを着ているね〟と絶賛されました」(棚田さん)

CLASSY.スタイリストはプロの視点が光る選びで“ほめられる!”

[A] ebure ロングワン

[A] ebure ロングワンピース
「流行のセーラーカラーはともすれば幼くなりがち。でもエブールならではの大人感があればエレガントに。チェック柄のシアー素材も上品で好評です」(乾さん)

[B] R JUBILEE スウェット
「ヴィンテージ風の色合いと滑らかな着心地が魅力。〝グリーンがキレイに馴染んでる〟と編集部でほめられました。重ね着しやすいサイズ感もお気に入りです」(大野さん)

[C] HeRIN.CYE ケープ
「展示会でオーダーしたケープは、色味とボリューム感をほめられます。リバーシブルでアウターの上から羽織れたり、個性的に見えて実用性もバッチリ」(濱口さん)

[A] Drawer ファーポ

[A] Drawer ファーポケットコート
「〝ポケット可愛い〟〝触らせて!〟など、ほめられるというよりも、着ていると突っ込まれない日はないというコート。ベーシックな濃紺でも着映えバツグンです」(児嶋さん)

[B] Levi’s メンズGジャン
「プレスの方に〝サイズ感がオシャレ〟と言われたGジャンはヴィンテージライクな風合いも素敵。アウターの下に着てチラ見せしても良い脇役になりそう」(MaiKoさん)

[C] BURBERRY ヴィンテージトレンチ
「トラッドにもモードにも着こなせるヴィンテージならではの風合いと存在感のあるビッグシルエットが、目の肥えた仕事仲間からも好評の一枚です」(三好さん)

[D] Curensology デニム
「デニムはワードローブのスタメンですが、これは珍しいカーヴィシルエットなのでよく〝それどこの?〟と聞かれます。こなれて見える色落ち具合も好み」(平沼さん)

Itブランドのバッグ&靴が“ほめられる!”

[A] VASICのMASK.

[A] VASICのMASK.
「〝品がある色合い!コーデに馴染みやすそう〟とスタイリストの栗尾さんにほめられました。キレイめにもカジュアルにも品良く溶け込む万能選手」(亀井さん)

[B] TOD’SのOboe
「ショルダーが短くて小脇にきゅっと収まるバッグは、PCが入る収納力が超優秀。大きさの割にコンパクトな印象なので〝PC入るんだ!〟と驚かれます」(小林さん)

[C] ALAÏAのMINA
「使い始めたころ〝わー♡アライアだ!〟〝私も欲しかった〟など、体温高めなコメントをもらい、みんなが今気になっているブランドなんだと実感」(月田さん)

[D] Maison Margielaの5AC
「スポーティ、モード、何にでも合うバッグは、旬なブランドだけあって〝マルジェラだ~〟と言われます。コートのインに肩掛けできるサイズ感もいい感じ」(佐藤さん)

体をキレイに見せる美シルエットが“ほめられる!”

[A] MIESROHE ロン

[A] MIESROHE ロングコート
「コートを下ろした日にインスタに載せたところ、〝可愛い〟〝どこの?〟とコメントの嵐でした。ほどよく体形カバーしてくれるゆったり感が◎」(平賀さん)

[B] Shinzone センタープレスパンツ
「〝いつもの私の感じ〟にいい変化をつけてくれる太パンツ。夫からは〝新鮮でいいね!すっきり見える〟女友達からは〝私も欲しい!どこの?〟と言われました」(伊藤さん)

[C] uncrave ロングジレ
「やっと手が出せたジレですが、着ていると〝背が高く見える〟〝痩せた…?〟〝なんかオシャレ〟と言われ、着るたびに買って良かったと思います」(北山さん)

[D] Whim Gazette ショートパンツ
「こんなにショート丈のパンツは久しぶりでしたが、〝似合う!〟〝脚キレイ〟とほめられました。子どもっぽくならないようワントーンで着こなします」(水澤さん)

撮影/杉本大希〈人物〉、清藤直樹〈静物〉 取材/川西麻依子 再構成/Bravoworks.Inc

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup