【プラダ】グレーのセットアップにさりげなくペールトーンを散りばめて

今回は、花さんが20代前半から長年愛し続けている〝プラダ〟をピックアップ。「ブランド理念と私のファッションポリシーがリンクする」という思い入れのあるブランドです。「おばあちゃんになっても着られそうだし着続けたい」という熱い想いを、さあどうぞ!

今回のメゾンブランドは「PRADA」

History
1913年、イタリア・ミラノで創業。1980年代にミウッチャ・プラダがデザイナーに就任し、ナイロン素材を取り入れたり、アイコニックなバッグを次々と発表するなど業界に革命を起こす。2019年に再生ナイロンのコレクションを発表し大きな話題に。トライアングルロゴは今なお羨望の的であり続けている。

“ペールトーンを効かせたデニムコーデの新境地”

同素材のジャケットを合わせてセ

同素材のジャケットを合わせてセットアップにしたデニムの着こなしにアイコニックな小物をトッピング。きれいなブルーのインナーはフィット感があり、カジュアルなスタイリングに女性らしさを添えてくれる。デニムジャケット¥264,000カットソー¥123,200 パンツ¥144,100ピアス¥82,500バッグ「プラダ シンボル」[タテ16×ヨコ26×マチ13㎝]¥368,500ローファー¥148,500※すべて予定価格(すべてプラダ/プラダ クライアントサービス)

ファッションが大好きな私ですが、最新のトレンドばかりを求めているわけではありません。買い物するときやスタイリングするときに意識しているのは〝自分らしさ〞。流行にとらわれず、自分は何が好きでどんな風にいたいのか。自分のスタイルをベースに気に入ったものを取り入れていくことが大事。流行的な要素もあるけれど、その中にはしっかり自分がある。その考えと合うのがプラダなのです。数シーズン前のものでも古く見えず、新たに買い足したものは、しなやかに今っぽく進化していることを実感するし、スタイリングに取り入れると、確実に新鮮に仕上げてくれるのです。

こちらはグレーデニムのセットアップを主役にした、普段の私服に近いスタイリングです。いつもなら白シャツを差したりしてモノトーンに仕上げるところですが、インナーのブルーやバッグに使われているピンクでペールトーンをちりばめ、ストリート調のニュアンスに。実は今までプラダのデニムはノーマークだったのですが、今回はいてみたら感激。ボリュームのあるローファーと相性抜群なひざ下のフレア感も、色落ち加工を施したレトロなニュアンスもすごく私好み。デニムなのにカジュアルすぎない、いろんなシーンに活躍してくれそうな一本。これからこまめにチェックしなくては!

撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) モデル/松島 花 ヘアメーク/森野友香子(perle management) スタイリング/三好 彩 取材/西道倫子 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup