「黒の小物を効果的に使う」だけで大人コーデが劇的に見違える!

何も意識せず手を抜いて着ると、無難に終わってしまうのが黒の難しさ。ありきたりなイメージを打破しながら、どんな黒アイテムを選び、それをどう着るかが、まさに腕の見せどころです。黒を無難に終わらせずオシャレに着るための、CLASSY.スタイリスト乾さんのアンサーとは!?

乾さんの「無難にならない黒」アイディア

計算されたレイヤードとMIX感で黒の着こなしの幅を広げて、常に進化!

ミニスカをストレートに甘く着な

ミニスカをストレートに甘く着ないスポーティカジュアルなアレンジ
「2割の甘さと8割のメンズっぽさが理想的。メンズライクなアウターと黒のカジュアル小物で、ミニスカをアレンジしています」(乾さん)コート¥119,900(ウールリッチ/スピック&スパン ルミネ有楽町店)ニット¥22,000(マイケルロス/シップス インフォメーションセンター)カットソー¥8,910(アンクレイヴ)スカート¥44,000(THIRD MAGAZINE/THIRD MAGAZINE)キャップ¥8,800(CA4LA/CA4LAプレスルーム)レザーバッグ¥72,600バッグの中に入れたナイロンバッグ¥13,200(ともにロンシャン/ロンシャン・ジャパン)ブーツ¥130,900(トッズ/トッズ・ジャパン)

教えてくれたのは…

乾 千恵さん 柔らかな素材や色

乾 千恵さん
柔らかな素材や色を取り入れたフェミニンで繊細なスタイリングに定評あり。最近はカジュアルMIXが気分だそう。

撮影/佐藤 彩〈静物〉 スタイリング/荒木里実 取材/広田香奈 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202406月号

4月26日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup