ベテランスタイリストさんに聞いた「白シャツを大人が今っぽく着る方法」

何も意識せず手を抜いて着ると、無難に終わってしまうのが黒の難しさ。ありきたりなイメージを打破しながら、どんな黒アイテムを選び、それをどう着るかが、まさに腕の見せどころです。黒を無難に終わらせずオシャレに着るための、CLASSY.スタイリスト荒木さんのアンサーとは!?

荒木さんの「無難にならない黒」アイディア

シャツ×黒タートルのレイヤード

シャツの品のよさときちんと感で

シャツの品のよさときちんと感でレイヤードはキレイめに着地させる
「黒トップスの中で不可欠なのが、一枚でもレイヤードしても着られる黒タートル。レイヤードはカジュアルに転びがちですが、シャツ合わせで上品に着るのが理想」(荒木さん)ニット¥26,400(スローン)シャツ¥14,850(ビューティ&ユース/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ丸の内店)スカート¥35,200(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ 表参道店)バッグ¥215,600(トッズ/トッズ・ジャパン)サングラス¥48,400(アイヴァン 7285/アイヴァン7285 トウキョウ)ピアス¥56,100バングル¥64,900(ともにジャッド ヴァンチュリ/アマン)

教えてくれたのは…

荒木里実さん 大人のカッコよさ

荒木里実さん
大人のカッコよさを引き出す辛口アイテムに、女らしさを加えたスタイリングが人気。まさにオシャレの「師匠」!

撮影/山根悠太郎(TRON)〈人物〉  モデル/松島 花 ヘアメーク/MAKI スタイリング/荒木里実 取材/広田香奈 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202406月号

4月26日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup