【ディオール】年齢を重ねても古く見えない「投資できるブランドバッグ」

時にフェミニンに、時にクールに…私たちのワードローブに欠かせないデニムスタイルをさまざまな印象に転ばせてくれるハイエンドなバッグ。せっかくお迎えするなら、今はもちろん、歳を重ねても頼れるものがいい。CLASSY.がデニムとの最愛セットをご紹介します。

シンプルフェミニン派らしい、ひとさじの可愛げをバッグに

【DIOR】× 細身ストレートデニム

細身のデニムと「カナージュ」デザインのバッグで奏でる、デイリーエレガンス

ダイアナ元妃も愛したことからその名がついた〝レディ ディオール〞。時を経てもモダンな印象をまとえる「カナージュ」ステッチのバッグは、すっきりと軽快な細身のデニムに品格を与えてくれます。

いつものスタイリングにリュクス

いつものスタイリングにリュクス感をプラスしてくれるバッグは、大人になっていく自分のために、瑞々しいセージ色という選択を。定番の細身のデニムに添えれば、装いに鮮度が。実はどんな色とも相性がいいのも嬉しい。バッグ「レディ ディオール」〈H20×W24×D11〉¥770,000(ディオール/クリスチャン ディオール)デニムパンツ¥34,100(マザー/サザビーリーグ)ケープ¥132,000(エストネーション)ブラウス¥26,400(アルアバイル)パンプス¥49,500(ペリーコ/アマン)イヤリング¥4,320(アビステ)

※文中のサイズ表記は〈H=タテ、W=ヨコ、D=マチ〉で単位は㎝です

撮影/倉本侑磨(Pygmy Company) モデル/松島 花 ヘアメーク/MAKI スタイリング/平沼洋美 取材/棚田トモコ 再構成/Bravoworks.Inc

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup