【ラルフローレン】秋にぴったり!通勤向きでおしゃれな、カジュアル大人コーデ

毎日働いていれば、いい日もあるし凹む日だってある。正直、オシャレどころじゃないときもあるけれどどんな日も私らしく、前を向いていけるように──月曜から金曜のシーンに合わせた、アイディアを紹介します。

【Monday】朝イチ定例・ブランディング会議

@社内

気合いの入る、月曜会議。意見に説得力が出るよう、ラルフで武装

週末ムードから一転、キリッとお仕事モードに切り替えて出社したい月曜日。ビジネスシーンにマッチするきちんと感も、オシャレ欲も満たしてくれるラルフを味方にすれば、週始めの定例会議でも自信を持って発言できそう。

【左:MAYUKO】 オフィカ

【左:MAYUKO】
オフィカジの定番=紺ブレをロング丈に更新して、よりハンサムに

働いていると、プレッシャーを感じる日もある。そんな日は服から勇気をもらってもいい。背筋が伸びる名品ジャケットが自信をくれるはず。ジャケット¥99,000バッグ¥97,900(ともにポロ ラルフ ローレン/ラルフ ローレン)ニット¥27,500(スローン)パンツ¥42,900(エイトン/エイトン青山)ピアス¥12,100ブレスレット¥7,700(ともにワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

【右:CHIEMI】
月朝の気持ちをポジティブにする赤の力を借りて、お仕事スイッチON

なかなかスイッチの入らない月朝は、着ている自分も周りもポジティブになれる色の力を借りるのもアイディアのひとつ。ケーブルカーデ+ストライプシャツのレイヤードでトラッドに寄せた着こなしなら、鮮やかレッドもオフィスで悪目立ちせずに大人見え。カーディガン¥35,200シャツ¥20,900バッグ¥75,900(すべてポロ ラルフ ローレン/ラルフ ローレン)スカート¥30,800(ツル バイ マリコ オイカワ)ピアス¥49,500(マリハ)

撮影/三瓶康友 モデル/愛甲千笑美、有末麻祐子 ヘアメーク/進藤郁子〈TRON〉 スタイリング/荒木里実 取材/坂本結香 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup