「30代のハイブランド名品、何を選ぶべきだったか」大人の先輩に聞いてみました

素敵な先輩たちに「30代で買った、あなたの名品は何ですか?」とたずねると、自身の人生や考え方を重ね合わせた名品エピソードを聞くことができました。それぞれの思いがこもった、ストーリーのあるアイテムたち――。さあ、あなたは30代でどんな名品をお迎えする?

人にどう思われるかトレンドが何かよりも、まずは自分が好きかどうか

20代はほぼスタイリストアシスタントとして過ごし、本格的に仕事をするようになったのが30代。少しずつ買い集めたのがヒールパンプスとジュエリーです。小さいジュエリーや可愛い靴を組合せて、それ一つで勝負するというより自分らしくコーディネートしていくのが好き。アシスタント時代に「素敵だな。いつか自分も…」と憧れてきたものを、きちんと自分で選んで買えるようになりました。多少背伸びしてでも憧れのものを買った経験は自信にもつながるし、身につけた時の高揚感は自分だけが感じられるものだと思います。
30代で何かに「可愛い!」とときめく気持ちは、これから先何年経っても変わらないんじゃないかな。特に30代は経験の積み重ねで自分の好きなものの方向性が決まってくるから、「将来使わないかも」という悩みが私は消えました。〝好き〞で買ったものは、流行りに左右されないんです。あとはお財布との相談だけ(笑)。だから靴もジュエリーも私が30代で買ったものは捨てアイテムがほぼなくて、元は全部取っているはず!30代はそういう自分の〝好き〞のベースを育てていく時期だと思います。もちろんTPOは気にするけど、人にどう思われるかやトレンドよりも、自分軸。それがあるからこそ、トレンドにも挑戦できると思います。

教えてくれたのは…

スタイリスト/児嶋里美さん 1

スタイリスト/児嶋里美さん
1980年生まれ。大人がキュンとする甘さを加えたコーディネートが人気。撮影の日も大雨の日も、いつだって足元はヒール靴がトレードマーク!

撮影/西原秀岳(TENT) 取材/広田香奈 再構成/Bravoworks.Inc

MOVIE

MOVIE

Feature

Magazine

最新号 202406月号

4月26日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup