モノトーンコーデに飽きてしまったら…大人可愛い「夏の配色コーデ」涼しげブルー編

モノトーンが引き続き人気のこの夏。とはいえ、白と黒だけの配色では、夏気分が上がらない…なんていうことはありませんか?CLASSY.ONLINでは色の魔術師こと、スタイリストの田臥さんがカラフルな着こなしをご紹介。ぜひコーデの脱マンネリ化に役立てて。

おすすめの配色「ブルーのワントーン」

ブルーの濃淡を上手にコーディネートして

猛暑で涼しげに見えて、かつオシ

猛暑で涼しげに見えて、かつオシャレに見えるのは「ブルーのワントーン」配色がおすすめ。濃淡の差をつけたブルーをセレクトして、全体がぼやっと見えないように、グラデーションを上手に作りましょう。

Point
・濃いブルーとペールブルーで濃淡をつける
・小物も薄いブルーでなじませる

おすすめの「ブルーワントーンコーデ」2つ

【お問い合せ先】
ELENDEEK 03-6853-0100/キャブ(キャブ株式会社) https://united-athle.jp /コンバースインフォメーションセンタ- 0120-819-217/シールームリン 03-6804-6844 /CHARLES & KEITH JAPAN http://charleskeith.jp/ / バナナ・リパブリック 0120-77-1978/ブランドニュース 03-3797-3673 /ニューエラ http://www.neweracap.jp/ /ユナイテッドアローズ カスタマーサービスデスク 0120-559-652/RANDA 06-6451-1248/ルックスオティカジャパン カスタマーサービス 0120-990-307

撮影/五十嵐 洋 スタイリング/田臥曜子 取材/角田枝里香 編集/菅谷文人(CLASSY.ONLINE編集室)

MOVIE

MOVIE

Feature

Magazine

最新号 202406月号

4月26日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup