「たとえ5年前の服でも、流行りのコーデに見せるコツ」をスタイリストに聞いてみました

ジュエリーやバッグに比べてローテーションが早い服たち。今買って5年先まで着られるとしたら、それは間違いなく名品。断捨離する時も絶対残って、トレンドに左右されず、変わらず着たいと思うものって?その答えをCLASSY.のファッションを支える、辛口派と甘口派のスタイリスト二大巨匠に聞いてみました!

アイテム自体の〝力強さ〟でワンツーコーデがサマになる

スタイリスト・荒木さんスタイル

ハリのある素材やたっぷりボリュームのあるシルエットで、アイテム単体でも存在感があるのが荒木さんのベーシックアイテム。トップスとボトムスをさらりと上下で合わせるだけでも、十分洒落て見えるのはさすが!

荒木さんスタイル1.黒パンツ

荒木さんスタイル2.ダンガリーシャツ

荒木さんスタイル3.白Tシャツ

教えてくれたのは…

スタイリスト 荒木里実さん カ

スタイリスト 荒木里実さん
カッコよさを引き出す辛口アイテムを軸に、女らしさを加えたスタイリングが人気。カバーも長年担当し、スタッフから「師匠」と尊敬されている。

撮影/須藤敬一〈人物〉、魚地武大(TENT)〈静物〉 モデル/愛甲千笑美 ヘアメーク/シバタロウ(P-cott) スタイリング/荒木里実 取材/広田香奈 撮影協力/THE_B 再構成/Bravoworks.Inc

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup