特集

意外と悩む、大人のジュエリー選び「イエロー系とホワイト系のリングを混ぜるのはOK?」

ファッションはわかるけれど、ジュエリー選びとなると一気に難しく感じること、ありませんか?肌の露出も増え、あっさりとした装いになりがちな夏場こそジュエリーの活躍どき。いつものコーデを盛り上げるテクニックをご紹介。

意外と悩む、大人のジュエリー選び「職場で浮かない、ピアス&イヤリングはある?」

Q.イエロー系とホワイト系のMIXってどうしたらいい?

A.片手ずつカラーを分けて見た目の分量は揃えておく。トライするならこれが簡単!

ルールを決めずに自由に楽しむのが一番だけど、もし迷った時は潔く右手と左手で色分け。それぞれの手で使う数や太さが異なっても、面積を同じにすると好バランスです。

  • ルールを決めずに自由に楽しむの
  • ルールを決めずに自由に楽しむの

片方の手には、分量の多いコロンとした大型のシグネットリングを一つ。もう一方の手は、地金部分の太さも、リングの表情も違う3つのアイテムを組合せて。それぞれの手のリングの見た目面積が揃っているのがポイントです。一見難しそうに見えても意外と簡単!違和感ゼロのオシャレ上級者に。[左手]1.シグネットリング〈SV〉¥26,400(ココシュニック)[右手]2.リング〈YG〉¥72,600(ココシュニック)3.ダイヤモンドリング〈YG×ダイヤモンド〉¥35,200(4℃/エフ・ディ・シィ・プロダクツ)4.一粒リング〈YG×ダイヤモンド〉¥49,500(アーカー/アーカー表参道ヒルズ店)ブラウス¥7,990(PLST)

※文中の素材表記は、SV=シルバー、WG=ホワイトゴールド、YG=イエローゴールド、Pt=プラチナ、SS=ステンレススチールです。

撮影/田形千紘〈人物〉、竹内一将(Ye)〈静物〉 モデル/石川 恋 ヘアメーク/小松胡桃(ROI) スタイリング/児嶋里美 取材/岩本亜有美 再構成/Bravoworks.Inc

「リング」関連記事

意外と悩む、大人のジュエリー選び「職場にもOKなネックレス、ありますか?」

意外と悩む、大人のジュエリー選び「職場で浮かない、時計&ブレスレットは???」

意外と悩む、大人のジュエリー選び「シンプルな服でも大丈夫!リングのオシャレ見えする重ね方」

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus