いま通勤パンプス買うなら、狙い目は…「走れる?1万円以下?履きまわせる?」おすすめを紹介

リアル通勤が徐々に戻りつつある今、やっぱり悩む足元問題。履き心地ばつぐんで、ときに軽々走れて、雨の日もOKで、トレンド感もあって…。週5で履くからこそ、要望はさまざま。そんなOLのあるある悩みを解決する、スペシャルなラインナップをお見せします。

おすすめ1.走れるくらい足にフィットするパンプス

プレスお墨付きのフィット力を誇るシリーズをチェック

5㎝ヒールの〝走れるパンプス〟

5㎝ヒールの〝走れるパンプス〟で美人度もアクティブさも両立
どこかヌケ感を感じるブラウンを通勤コーデの主役に。ベージュのパンプスで素足と色を繋げば脚長効果も。パンプス[走れるパンプス・5㎝]¥7,040(ランダ)シャツ¥14,300(ビューティ&ユース/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店)ニットカーディガン¥14,300(エリオポール/エリオポール代官山)パンツ¥19,800(デミルクス ビームス/ビームスハウス 丸の内)バッグ¥189,200(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)ピアス¥4,500(エスネ/アーセンス ルミネ新宿1)バングル¥4,620(アビステ)

おすすめ2.履きまわしできるカラーのパンプス

華やかさばつぐん♡淡いトーンのHAPPYカラーに頼って!着回し例3つ

撮影/佐藤航嗣(UM)〈人物〉、佐藤 彩〈静物〉 モデル/土屋巴瑞季、愛甲千笑美 ヘアメーク/MAKI スタイリング/濱口沙世子 取材/棚田トモコ 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202406月号

4月26日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup