特集

真似しやすい、大人の春コーデ「白シャツを無難にならないように着てみる」

ベーシックが最強と分かったけれど、この春は具体的にどんな着こなしをすればいい?時代も季節も問わない服だからこそ必要なのはその時々の着こなしテクニック。定番だけどちゃんと今っぽい、即マネできるベーシックのお手本をご紹介!

大人女子の「白シャツ」きれいめカジュアル着回し6選【2022年春最新のコーデテクニック】

パリッとした白シャツ一枚でオンもオフもクリーンで知的な着こなしが叶う

流行に関係なく愛される白シャツは、無難にならないように注意。カジュアルからモードまでしっかりイメージを変えて着こなそう。

martiniqueの白シャツ

martiniqueの白シャツ
着回しやすいスタンドカラーシャツ。深めのサイドスリットで、アウトした時もサマになる。シャツ¥26,400(マルティニーク/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町)

王道の白シャツ×デニムコンビはシルエットとレイヤードを更新して

ハイウエストデニムにインして衿

ハイウエストデニムにインして衿や袖周りを着崩して、仕上げにボリュームのあるミドルゲージニットを重ねるのが今年らしさのカギ。シャツ※着回し デニムパンツ¥20,900(レッドカード トーキョー/ゲストリスト)肩に掛けたカーディガン¥28,600(ロンハーマン)バッグ¥136,400(JIMMY CHOO)イヤーカフ[2連]¥17,600イヤーカフ¥20,900コインネックレス¥24,200パールネックレス¥58,300(すべてマリハ)

撮影/松永大樹〈人物〉、魚地武大(TENT)〈静物〉 モデル/有末麻祐子 ヘア/Tomo Tamura、メーク/RISAKO MATSUSHITA(ともにPerle management) スタイリング/荒木里実 取材/佐藤かな子 撮影協力/市原湖畔美術館 再構成/Bravoworks.Inc

「春コーデ」関連記事

大人女子の「白シャツ」きれいめカジュアル着回し6選【2022年春最新のコーデテクニック】

「白シャツ」冬と春の、大人コーデ着こなしのポイント

白シャツの上だけじゃない!「ニットベスト」の重ね着コーデ見本3つ

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus