【今日の服装】古く見えない「ジャケットコーデ」って?【アラサー女子】

2月15日(火)、通勤コーデに欠かせない「ジャケット」は、ツイード調のチェック柄を選ぶと、一気に新鮮さがアップします。ボトムスは安定の黒スキニーに、あえてカジュアルなプリントTやサイドゴアブーツと合わせて、ハズしを効かせるのがオシャレ見えの決め手。

2月15日(火)、通勤コーデに

サイドゴアブーツ¥26,400(ドクターマーチン/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン)ジャケット¥14,960(Mila Owen/Mila Owen ルミネ新宿2店)フォトTシャツ¥11,000スカーフ¥24,200(ともにダブルスタンダードクロージング/フィルム)ブラックスキニーデニムパンツ¥6,930(エドウイン)バッグ¥237,600(トッズ/トッズ・ジャパン)サークルリング¥10,340(フル オブ グレイス/ZUTTOHOLIC)

『CLASSY.』2022年3月号より
再構成/CLASSY.ONLINE 編集室、岸本真由子

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup