特集

30過ぎてもイタく見えない大人ピンクって?【CLASSY.スタッフのボトムス編】

ダークになりがちな冬の装いも、ピンクアイテムを投入することで一気に華やかに。甘ったるくなるのは避けたいピンクだから、それぞれ自己流の着こなしルールがあるはず!ピンクボトムスを愛用しているCLASSY.スタッフに聞いてみました。

年末年始のショッピング、何を着ていく?【真冬の大人イベントコーデ】

Ron Hermanのコーデュロイスカート

「ピンクのコーデュロイ」で黒小

「ピンクのコーデュロイ」で黒小物のハード感を抑えて
「大人でも挑戦しやすいピンクの色味に惹かれました。コーデュロイ素材といっても薄手なので、真夏以外は使える万能スカート。ボリュームシルエットだけど、低身長の私にもハマります。黒のブーツやバッグ、ギラっとしすぎるかもしれないゴールドのアクセも、主張しすぎないピンクのお陰でハードになり過ぎずにまとまりました」(スタイリスト 村瀬萌子さん)

ZARAのテーパードパンツ

ベーシックアイテムを合わせて甘

ベーシックアイテムを合わせて甘さ控えめに
「ピンクのパンツが欲しくて探していたときに、きれいめにもカジュアルにも着れて、鮮やかすぎない程よいピンクのこちらを見つけ購入しました。テーパードパンツなのでコンサバになり過ぎないよう、ざっくりニットやローファーを合わせました。ピンクの甘さがある分、他のアイテムはベーシックに」(スタイリスト 大島愛さん)

BIRTHDAY BASHのスカート

ピンクを着る日はコーデの色数を

ピンクを着る日はコーデの色数を少なくして大人っぽく
「くすみピンクでコーディネートしやすそうなのと、立体感あるシルエットで着こなしが単調にならなそうだと思い購入しました。色数が多いと子どもっぽくなりそうなので、ピンクを着る日は極力コーデに使う色数を少なくするのがマイルール。淡いピンクは黒を合わせてもコントラストがつき過ぎないので、コートもトップスも足元も黒で統一してすっきり見せました」(ライター 坂本結香さん)

「ピンクの着こなし」関連記事

【ワークマン】¥1,900「ピンクのフリース」大人女子のオシャレな着回し見本2つ

眺めるだけで心が躍る! 冬コーデに映える「ピンク」の小物をリストアップ。

1枚で華やぐ「ピンクコート」でアガる冬コーデ2選【カラーコートの着回し術】

文/伊藤綾香 編集/岡村宗勇(CLASSY.編集部)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus