アラサー女子の「雨の日おすすめコーデ」【今日の着回しDiary】

6/14(MONDAY)
ほんのり好きだった彼から
「今から飲まない?」のLINE@23時。
試されるウェルビー力…どうする私!?

確か最後は、彼が突然つれなくな
写真:『CLASSY.』2021年7月号

確か最後は、彼が突然つれなくなって会えなくなったんだっけ…スマホに久々に表示された名前に一瞬ときめいてしまった、懲りない私。でも23時に今から飲もうって連絡、雑すぎない!?昔だったら駆けつけてたけど、私は変わるんだ…! iPhoneX/XSケース¥22,000(ボナベンチュラ)

目指せウェルビー!
心地いいカジュアル服
6月のアイテム

この話の主人公は…

金儲け主義、サービス残業、社内のジェンダーギャップに嫌気が差し、「ビオセボン」へ転職した元パリピ・優菜。不摂生から脱却し、心身ともにヘルシーなウェルビーイング女子を目指す。自立とモテの狭間で葛藤を抱える28歳。

撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE)〈人物〉、清藤直樹〈静物〉 モデル/川口優菜 ヘアメーク/木部明美(PEACE MONKEY)スタイリング/平沼洋美 取材/濱口眞夕子 撮影協力/ビオセボン、都会の農園、うつわ楓 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup