特集

痩せずにマイナス5キロ見えする「体型カバー服」8選

ぽっちゃり体型でもオシャレを楽しみたい!というアラサー女子に向けて、今っぽさを備えた「体型カバー服リスト」をご紹介。肌見せが気になるこれからの時季もさりげなく体型をカバーしながら、コーディネートに抜け感を出せるレディースサイズの逸品をスタイリスト・近藤さんがお悩み別に厳選しました。

「世間知らズ・西田さおりさん」が着用!体型カバーコーデはこちら

「ぽっちゃりさん」をスタイリストが本気で体型カバーしたら…【世間知らズ・西田さおりさん】

お悩み❶「顔が大きく見えてしまいがち」

A:“シャツ”の襟を抜いて首元をスッキリさせれば、簡単に小顔見え

  • 痩せずにマイナス5キロ見えする「体型カバー服」8選

    【おすすめの体型カバー服】
    抜き襟しやすいベーシックなシャツ
    小顔効果を狙うなら、ネックラインが開いたハリ感のあるシャツがマスト。抜き襟で顔周りをスッキリさせながら、ざっくりと袖をまくってこなれ感を演出します。リラクシーに着られるサイズ感も大事ですが、比較的ジャストサイズのシャツを選ぶとボトムスとのバランスも取りやすい。『Gap』はサイズ展開が豊富なので、自分に合った大きさを選べます。シャツ¥4,990(Gap/Gap新宿フラッグス店)

  • 【こちらもおすすめ】
    甘口派はネックラインの開いたブラウスが効果的
    ハンサムなシャツが苦手な人、シャツを着崩すのが難しい人には、一枚でスッキリ見えが叶うVネックのブラウスがおすすめ。トレンドの甘ディティールが効いた白ブラウスも、首元がスッキリしているので甘すぎず、ヘルシーな印象で着られます。袖口のギャザーやAラインのシルエットで、体型カバー効果も抜群です。ブラウス¥9,990(バナナ・リパブリック)

お悩み❷「脚が張って太く見える」

A:縦ラインを強調する“センタープレス入りパンツ”なら細見え度抜群!

  • 【おすすめの体型カバー服】
    下にストンと落ちる落ち感素材のワイドパンツ
    体のラインを拾いにくいワイドパンツは、下にストンと落ちるシルエットがおすすめ。立体的なセンタープレスと相まって縦のラインを強調してくれるので、膨張しがちなアイボリーでも自然と脚長効果が叶います。ウエストゴムでストレスフリーに着られるほか、レーヨンと麻の夏らしい素材感で通気性も◎。パンツ¥19,800(ストラ)

  • 【こちらもおすすめ】
    さらにスッキリ見えを狙うなら黒が正解
    控えめな光沢が大人らしい黒のセンタープレス入りパンツ。穿き心地のよい柔らかな素材ですが、引き締め効果の高い黒&さりげないセンターラインで、品よくまとまります。ウエスト部分がオシャレなので、トップスをINしたワンツーコーデでもしっくりハマるところが高ポイント。パンツ¥17,600(yori)

お悩み❸「ぽっこりお腹が目立つ」

A:動きのある“ティアードワンピ”がシルエットカバーに最適

  • 【おすすめの体型カバー服】
    横への広がりを抑えたティアードワンピ
    シルエットを拾わないティアードワンピは、着痩せ効果と今っぽさを同時にゲット。ワンピース自体に動きがあるので、気になる体のラインから視線をずらせます。フリルが多く効いていると膨張しがちに見えますが、下にストンと落ちるシルエットなら着太りする心配もなし。落ち着きのあるベージュが大人な印象を引き立てます。ワンピース¥37,400(ダブルスタンダードクロージング/フィルム)

  • 【こちらもおすすめ】
    腰から下に動きがあればウエストにアプローチ可能
    フリルが全体にあしらわれていなくても、ウエスト周りのお悩みに対しては腰から下にフリルが入っているものなら合格。歩いたときの軽やかな動きで、ぽっこりお腹をさりげなくカバーします。旬のくすみグリーンは一枚でサマ見えが叶うほか、ほどよく甘さが軽減されるので、カジュアル派にもおすすめ。ワンピース¥20,900(yori)

お悩み❹「腰回りのボリュームが気になる」

A:“セットアップ風”コーデなら上下の色がなじんで、ウエストが目立たない

  • 【おすすめの体型カバー服】
    ワントーンに揃えた シャツ+フレアスカート
    ウエストやお尻のボリュームが気になるときは、上下を同系色のワントーンでまとめることがカギ。あえてシャツとスカートをワンピース風に着ることで、さりげなくシルエットにメリハリを作りながら、グラデーション効果で気になる腰回りをカバーすることができます。ぼやけないよう、シャツは襟を抜いてスッキリ着るのが鉄則です。シャツ¥20,900スカート¥35,200(ともにルーニィ)

  • 【こちらもおすすめ】
    寒色ならカラーのワントーンも幼く見えない
    一見子供っぽく見えがちなカラーのワントーンも、寒色を選べば大人らしくキレイめに着られます。透明感のあるパープルやブルーで、涼しげにあか抜け効果を狙うのがコツです。Aラインのスカートはスカート自体に動きがあるので、腰回りの印象操作にもぴったり。シャツ¥28,600スカート¥28,600(ともにア ピューピル/UTS PR)

再構成/CLASSY.ONLINE編集室

「お腹が太いぽっちゃりさん」をスタイリストが本気で体型カバーしたら…【世間知らズ・西田さおりさん】

「顔が大きいぽっちゃりさん」をスタイリストが本気で体型カバーしたら…【世間知らズ・西田さおりさん】

「脚が太いぽっちゃりさん」をスタイリストが本気で体型カバーしたら…【世間知らズ・西田さおりさん】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE