「異様にファッション誌掲載率が高いブランド」スタイリストがその服を選ぶワケ

「脇役じゃなくてちゃんと主役になるベーシックがある」「着回しやすい」「プライスも優秀」…etc.スタッフのワードローブにジワジワ浸透しつつあると話題!ここだけで事足りちゃうからオシャレがダメになる、とまで言わしめるウワサの2ブランドの人気の秘密を探ります。

ノークとアンクレイヴが人気の理由1

「シンプルとトレンドのバランスがちょうどいい」

パッと見シンプルなのにサマになる。トレンドデザインなのに浮かずになじむ。そんな服たちが見つかるノークとアンクレイヴ。計算し尽くされた攻守のバランスを楽しめるからデイリーのスタイリングに活躍してくれるのです。

右【N.O.R.C】 サテン素

右【N.O.R.C】
サテン素材とキレイ色で脱ありがちコーデを叶える美脚テーパードパンツ
Tシャツ×パンツを合わせただけのワンツーコーデがちゃんとオシャレに見えるのは、つややかな素材感だからこそ。この光沢と上品なブルーのおかげで、しなやかな女らしさに仕上がります。パンツ¥11,000〈ノーク〉Tシャツ¥6,499〈ノーク バイ ザ ライン〉(ともにノーク)バッグ¥45,100(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ銀座店)サンダル¥52,800(ネブローニ/フラッパーズ)ネックレス¥20,900(ソコ/ZUTTOHOLIC)バングル¥10,811(チビジュ)

左【uncrave】
甘ヴィンテージなモノトーンコーデはチェックのブラウスがカギ

ランダムなギンガムチェックがフレンチシックなV開きブラウス。ボリューム袖やくるみボタンといったトレンドディテールが、カジュアルな白デニムを盛り上げてくれます。ブラウス¥14,300デニムパンツ¥16,500(ともにアンクレイヴ)バッグ¥41,800(ヴァジック/ヴァジックジャパン)ミュール¥24,200(ツル バイ マリコ オイカワ)メガネ¥30,800(アイヴァン/アイヴァン東京ギャラリー)ピアス¥12,430 リング¥11,660〈パズ コレクティブ〉バングル¥14,300〈ソコ(すべてZUTTOHOLIC)〉

ノークとアンクレイヴ人気の理由2

「シーンレスで着られる」

デザインの基本は気の利いたシンプルだから小物やアクセサリー、着こなし方などで変化をつけやすいのも便利なところ。シーンレスで着られるし、着る人のテイストにもスッとなじんでくれるのが頼もしい。

N.O.R.C(ノーク)

uncrave(アンクレイブ)

撮影/花村克彦〈人物〉、魚地武大(TENT)〈静物〉モデル/林田岬優、鹿沼憂妃 ヘアメーク/森 ユキオ(ROI)スタイリング/濱口沙世子 取材/西道倫子 再構成/Bravoworks.Inc

MOVIE

MOVIE

Feature

Magazine

最新号 202406月号

4月26日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup