特集

ユニクロとGUで「春のキレイ色配色」を試してみた【ブルー&オレンジ編】

春になり、暖かくなって、「キレイ色を使ったコーデに挑戦したい」気分。最近では、キレイ色は差し色ではなく、ワントーンコーデにしたり、色×色コーデとして使うのがトレンドになっています。でも、色×色のコーデは挑戦する勇気が出ない…という方に向けて、大人気コスパブランド「ユニクロ」「GU」のアイテムでキレイ色コーデを提案します。
今回はマニッシュな大人配色「ブルー&オレンジ編」。辛口派も着やすいカラーコンビです。

ユニクロとGUで「春のキレイ色配色」を試してみた【パープル&グリーン】

キレイ色配色コーデ「ブルー&赤みイエロー編」コツは?

色のトーンをきっちりと合わせる

  • 春になり、暖かくなって、「キレ

    「黄色と青」「赤と緑」など反対の色を拾ってしまうと、色の差が激しく悪目立ちしたコーデになりがちです。なので、「黄色とピンク」「青と緑」など、色の差は感じるけれど、そこまで真逆でない2色を選ぶと、コーデがきれいにまとまります。

  • 春になり、暖かくなって、「キレ

    Point
    ・ブルーにイエローなど、少し違う2色を選ぶ
    ・色のトーンは「くすみ系」「ペールトーン」のように、全体で揃える
    ・白の小物をなじませ役として活用すると◎

【キレイ色配色コーデ「ブルー&オレンジ編」】

デニム感覚でブルーを取り入れる

  • 春になり、暖かくなって、「キレ

    デニムを味方につけてシックなカラーコーデに
    カラーワンピースとデニムをブルーで合わせ、インナーにイエローをきかせた2色コーデ。ワンピースのフロントを開けるだけで、新しい着こなしに出会えます。手持ちのデニムにでも合わせやすい変化をつけて。
    リネンブレンドバンドカラーワンピース¥1,990 フレアジーンズ¥2,490 セミスクエアフラットシューズ¥1,690 (すべてGU) クルーネックTシャツ¥1,000 (Uniqlo U/UNIQLO) バッグ¥8,250 (CHARLES & KEITH/CHARLES & KEITH JAPAN)

  • 春になり、暖かくなって、「キレ

    マスタードイエローでシックなカラーコーデに変身
    ネイビー寄りのブルーカラーで、ハリ感のあるリネンシャツ。ハリ感のあるスカートを合わせて、高見えコーデに。合わせるアイテムを選ばないデニムのような色味は、幅広くアレンジが効きます。
    プレミアムリネンシャツ¥2,990 カゴバッグに結んだシルクスカーフ¥1,500 (ともにUNIQLO) タックギャザーフレアロングスカート※一部店舗のみ ¥1,990 (GU) カゴバッグ¥3,400 (マリー・ルイーズ/ラヤン) フラットサンダル¥13,200 (W&M/インドル)

  • 春になり、暖かくなって、「キレ

    ストライプ柄×辛口イエローで大人カジュアルの完成
    すとんと落ち感のあるワンピースには、体の泳ぐオーバーシャツ合わせなら変化がつきやすい。ワンマイルコーデとしても活躍してくれるはず。1枚あると変化がつけやすいシャツは、ウエストマークしてアレンジの幅を広げて。
    ストライプオーバーサイズシャツ※一部店舗のみ ¥1,990 マーセライズドAラインワンピース ¥1,490 (ともにGU) バッグ¥13,200 (HASHIBAMI/コレクト) スニーカー¥7,700 (コンバース/コンバースインフォメーションセンタ-)

【問い合わせ先】UNIQLO 0120-170-296/GU 0120-856-452/インドル 03-5808-3977/コレクト 03-6303-4022/コンバースインフォメーションセンタ- 0120-819-217/CHARLES & KEITH JAPAN https://charleskeith.jp/ /ラヤン 03-3871-1855
撮影/五十嵐 洋 スタイリング/田臥曜子 取材/角田枝里香 編集/菅谷文人(CLASSY.ONLINE編集室)

「春のキレイ色配色」関連記事

ユニクロとGUで「春のキレイ色配色」を試してみた【イエロー&ピンク編】

ユニクロとGUで「春のキレイ色配色」を試してみた【パープル&イエロー編】

ユニクロとGUで「春のキレイ色配色」を試してみた【ピンク&グリーン】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE