【カジュアル・キレイめ・モード】CLASSY.リーダーズ3人のシャツコーデ対決!

CLASSY.リーダーズの中でもオシャレに定評のある3名が春のキーアイテムを使って着こなし対決!第3回は今年の大本命トップスである「シャツ」。カジュアル・きれいめ・モードのテイスト別にリアルに真似できるコーディネートを披露します。

【カジュアル派】鈴木詩織さんは、ブルーを基調にしたゆったりAラインにコーディネート

「毎年この季節に着ている大好き

「毎年この季節に着ている大好きなラルフローレンのリネンストライプシャツ。今年はスカート見えするパンツを合わせて、上下のボリューム感にメリハリをつけました。さらにシャツになじむ薄い水色ニットを重ねて、今年らしいレイヤード感を出したのもポイントです」(鈴木詩織さん IT関連勤務・30歳 162cm)

knit:ZARA
shirts:RALPH LAURENT
bottoms: COS
bag:Samuel Ashley
shoes:PIPIPCHIC

Close-up

【キレイめ派】川森麻海さんは、プルオーバーシャツをレザースカートで女らしく

「首回りがすっきりしたVヨーク

「首回りがすっきりしたVヨークシャツは、レイヤードやアクセ無しでもしっかりキマるから一枚あるとすごく便利です。爽やかなストライプも今の季節にぴったり。今日はレザースカートでちょっとカッコいい着こなしに。シャツ×レザーボトムスは、簡単なのにオシャレ見えする頼れるコンビです」(川森麻海さん アパレルPR・28歳 164cm)

shirts:BASEMENT online
skirt:ur’s
bag:import
shoes:BASEMET online

Close-up

【モード派】佐藤匠さんは、ビックシャツ×カラーパンツのきちんと見えスタイル

「ハリのあるシャツはシチューシ

「ハリのあるシャツはシチューションを問わず着られる、私のワードローブに欠かせない定番アイテム。春夏のトレンドカラーであるきれいなピンクに一目惚れしたパンツと合わせて。一見するとベーシックだけど、小物使いやアクセの合わせ方など、細部にトレンドを取り入れたのが私なりのこだわりです」(佐藤 匠さん アパレル関係・30歳 173cm)

shirts:VENIT
bottoms:forte_forte
Bag:3.1 PhillipLim
Shoes:COS

Close-up

撮影/中田陽子〈人物〉 モデル/佐藤 匠 鈴木詩織  川森麻海(CLASSY.LEADERS)ヘアメイク/小松胡桃(ROI)取材/さとうかな子   編集/浅田くみ子(CLASSY.ONLINE編集室)

MOVIE

MOVIE

Feature

Magazine

最新号 202406月号

4月26日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup