特集

【トッズ】女性ファッション誌への掲載が多い4つの理由

バッグにローファー、スニーカーまで最近のCLASSY.に頻出しているブランド。それがトッズです。忖度なく、どのスタイリストも「いまの服に合う!」とコーディネートしているのは、なぜ?いまっぽくて長く使える、その理由を探ります。

あわせて読みたい

今ダントツのかぶり率!トッズのローファーが素敵すぎる【CLASSY.チームのローファーSNAP①】

バッグも靴も、ずっと愛せるトラッドなのにどこか新鮮

  • バッグにローファー、スニーカー

    いつもの服に馴染むのにときめきもくれる
    新作のショルダーバッグは、ロープを編んだような素材感が軽い印象。必要最低限のものがすべて入る大きさで使い勝手も。バッグ¥273,000サンダル¥79,000(と もにトッズ/トッズ・ジャパン)コート¥43,000(マカフィー/トゥモローランド)シャツ¥21,000(デ・プレ)キャミ¥5,800〈3月上旬発売〉(アンクレイヴ/オンワード樫山)パンツ¥11,400〈税込み・3月発売予定〉(バナナ・リパブリック)

  • バッグにローファー、スニーカー

    ロマンティックすぎ?そんな服もトッズがあれば
    好きだけどちょっと照れる?ワンピースもトッズの堅牢なバッグがあれば街でも着られそう。大きすぎないこのサイズ感が、合わせやすい。バッグ¥216,000(トッズ/トッズ・ジャパン)ワンピース¥42,000(マーレット/トゥモローランド)ピアス¥27,000(バージュエリー/トゥモローランド)リボンスタイリスト私物

  • バッグにローファー、スニーカー

    主張しすぎないのに心地いい存在
    ローファーは驚くほど柔らかく、ラバーソールで気負わず履けるのが嬉しい。プライスも◎。ローファー¥66,000バッグ¥289,000ちびバッグ¥136,000(すべてトッズ/トッズ・ジャパン)カットソー¥18,000(アンスクリア/ガリャルダガランテ表参道店)パンツ¥5,990※税込み(ザラ/ザラ・ジャパン)

  • バッグにローファー、スニーカー

    使いやすくて素敵、がいま求めていること
    バッグは見た目よりしっかり入る構造で、ショルダーストラップ付き。ローファーは厚底で、バランスが取りやすくCLASSY.スタッフの所持率も高い、争奪戦の〝It SHOES〟。バッグ[W28×H18×D12]¥129,000(トッズ/トッズ・ジャパン)ローファー¥79,000(トッズ/トッズ・ジャパン)

ABOUT TOD’S

靴の生産地として知られるイタリア・マルケ州で、1970年代に誕生。歴史に基づく信頼感に加え、2020AWからデザイナーが交替してデザインもよりコンテンポラリーに。Mame Kurogouchiとのコラボも話題を呼んだ。

『TOD'S』関連記事

CLASSY.チームの「アガる小物」SNAP【③バッグ編】|セリーヌ、トッズ他

大人女子版・タイプ別に似合う「ブランドバッグ」【ロエベ、ボッテガ、トッズ】

撮影/水野美隆(zecca) モデル/オードリー亜谷香 ヘア/EIJI KADOTA(SIGNO) メーク/粉川 敦 スタイリング/斉藤美恵

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus