スタイリストが手持ち服で「よそ行きコーデ」するなら?|デニム編

CLASSY.4月号では、プレスやショップスタッフなどおしゃれのプロが「いつもの日」にも着られる服で「特別な日」のコーデを提案しています。
今回は本企画の読者コーディネートを担当したスタイリスト・村瀬萌子さんに、ALLY私服で「いつもの日」「特別な日」の2パターンを見せてもらいました!最後は、カジュアルなイメージの強いデニムが登場です。

【特別な日】"ドレスコードがデニム"なら

「デニムでドレスアップするなら

「デニムでドレスアップするなら、こんな感じです。少し光沢のあるコーデュロイジャケットがポイントです。真っ白はNGだけれど、グレージュやシルバーのアイテムを合わせて印象を明るく。さすがにカジュアル過ぎてもその場にふさわしくないので、パールネックレスなどオケージョンを彷彿とさせる要素をプラス」

デニムパンツ:JOHN LAWRENCE SULLIVAN ジャケット:Ballsey シアーカットソー:Drawing Numbers キャミソール:MADEMOISELLE ROPE’ バッグ、ピアス、ネックレス:vintage ブーツ:Maison Margiela

 

小物は何を合わせる?

【いつもの日】旬を取り入れた定番カジュアル

「シャツ×デニムという定番の組

「シャツ×デニムという定番の組み合わせでも、パールボタンや茶色のストライプなど、小技のきいたものを選びます。旬のブラウンで今っぽさを足し、イヤカフでパールを入れたりヴィンテージの靴を合わせたりしますね」

デニムパンツ:JOHN LAWRENCE SULLIVAN シャツ:SpickSpan 肩にかけたニット:SLOANE バッグ:Aeta パンプス:vintage イヤーカフ:SALAH ネックレス:in mood

小物は何を合わせる?

きちんとした場面もカジュアル化している昨今、デニムがドレスコードの場面もあり得ます。村瀬さんの着こなしを参考に準備しておいて。手持ちのアイテムもフル活用し、いつ訪れるかわからない特別なシーンを乗り切りましょう。

撮影/有馬秀星(MOUSTACHE)スタイリング/村瀬萌子 取材/田村宜子 編集/本間万里子(CLASSY.編集部)

MOVIE

MOVIE

Feature

Magazine

最新号 202406月号

4月26日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup