特集

アラサー女子は「ローファー」どう履いたらいいの?【エルメス&グッチ】

パンプスはコンサバすぎるし、スニーカーはカジュアルすぎるし…今、私たちの足元の気分に異変アリ。甘めなコーデを引き算してくれて、カジュアルには品をプラスしてくれる――そんな理想のバランスを叶える正解は「ローファー」。これさえあれば、いつものオシャレがもっと素敵に見違えます。

白スニーカー派ならこちらを

アラサー女子におすすめの 「ハイブランドの白スニーカー」21選

スカートコーデが甘さ控えめにこなれる

春にはきたくなるキレイ色のフレアスカート。でも、今までのパンプスやバレエシューズではちょっと甘すぎる…?そんなお悩みに真っ白の知的なローファーがアンサー。

目に入るたび幸せになれるエルメ

目に入るたび幸せになれるエルメスらしい一足
上質でなめらかなカーフレザーだからこそ表現することができる美しい白。ニットの下にレイヤードしたカットソーと色をリンクさせるのも、着こなしをこなれさせるポイント。シンプルなコーディネートこそ、都会的な印象へアップデートさせたい。シューズ「コレット」¥134,000 ウォレットバッグ「クリック」¥337,000 ネックレス「レポンス」¥211,000ピアス「レポンス」¥154,000(すべてエルメス/エルメスジャポン)ニット¥71,000スカート¥95,000(ともにドゥロワー/ドゥロワー六本木店)カットソー¥16,000(エイトン/エイトン青山)

着用したのは「エルメスのローファー」

エルメスのジュエリーでもおなじ

エルメスのジュエリーでもおなじみの〝シェーヌ・ダンクル〟モチーフを横長に象ったバックルが特徴。柔らかなクッション入りのインソールで足取りも軽やか。シューズ「コレット」¥134,000

カジュアルなデニムもリッチになる

一年中大好きな私たちの制服、デニムもこの春はキレイめに、足元にローファーを添えて。ほんのり漂うトラッド感がカジュアルをリッチに格上げしてくれます。

ベーシックな日に頼りになる名品

ベーシックな日に頼りになる名品ローファーの佇まい
細身のアーモンドトゥだからスマートに履けて、ストレートデニムやスキニーとでも上手にバランスを取ることができます。背伸びしない普段のカジュアルだって、少しだけ特別なムードに。シューズ¥ 100,000バッグ¥390,000(ともにグッチ/グッチ ジャパン)トレンチコート¥23,000(アンクレイヴ)Tシャツ¥16,000(エイトン/エイトン青山)デニムパンツ¥34,000(エージー/コロネット)肩にかけたスウェットプルオーバー¥18,000(エーケーワン/デミルクス ビームス新宿)サングラス¥38,000(アイヴァン/アイヴァンPR)

着用したのは「グッチのローファー」

1950年代にデザインされた初

1950年代にデザインされた初代ホースビット ローファーをアップデートしたのがこちら。アンティーク加工されたゴールドトーンが上品な印象です。シューズ¥ 100,000(グッチ/グッチ ジャパン)

撮影/渡辺謙太郎〈人物〉、清藤直樹〈静物〉 モデル/Kelly ヘアメーク/YUMBOU(ilumini) スタイリング/乾 千恵 取材/野田春香

◆関連記事「ブランド靴」

アラサー女子が「靴を3足しか持たない」ならどんな靴?【カジュアルコーデも】

アラサー女子の「憧れのハイブランド靴」15選【2020年秋冬最新】

きれいめカジュアルは「おじさん」をマネすればうまくいく説【ローファー編】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE