特集

スタイリスト厳選!本当に使える靴3足を発表【きれいめ編】

靴が3足あれば、1シーズン上手に着回すことができるかも!?ということで、どんな靴&コーデをチョイスするかCLASSY.の人気スタイリスト3名に教えてもらう本企画。今回はキレイ色を今っぽく取り入れる達人・スタイリスト児嶋里美さんです。

「名品シューズ」おすすめ記事

アラサー女子が「靴を3足しか持たない」ならどんな靴?【キレイめ派コーデも】

スタイリスト児嶋里美さんの「推しの3足」

◆スリッパ型ローファー(右)

◆スリッパ型ローファー(右)
まさにコーデを今っぽく締めてくれる一足。旬のスリッパデザインにスクエアトウ×プレートの絶妙なパンチが、ちょうどいいかっこよさを漂わせてくれます。¥89,000(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)

◆アニマル柄フラットシューズ(中)

ワントーンコーデやカジュアル過ぎて子供っぽく見えるかも…という日に取り入れたいのがアニマル柄のポインテッドフラット。エッジの効いたデザインが大人らしさと女っぽさをグッと引き上げてくれます。¥34,000(プリティ・バレリーナ/F.E.N.)

◆カラーヒールパンプス(左)
パッと目をひくカラーパンプスは私のコーデに欠かせないアイテム。キレイめを保ちつつ、おしゃれにコーデの幅を広げてくれます。今回は今季のトレンドカラーでもあるブルーをチョイス。¥40,000[ヒール8.5㎝](ロランス/ザ ・グランドインク)

3足を使ってコーディネートしてみました

❶カラーパンプス

  • ◆スリッパ型ローファー(右)

    甘口トップス×カラーパンプスで思いっきり“女子”を楽しんで
    甘めのドット柄ブラウスをデニムでカジュアルダウン。小物の色のかけ合わせが今っぽい雰囲気に仕上げてくれます。パンプス[ヒール8.5㎝]¥40,000(ロランス/ザ ・グランドインク)ブラウス¥19,000(ツル バイ マリコ オイカワ)パンツ¥25,000(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)バッグ¥275,000(ロウナー ロンドン/エイチ アイ ティー)

  • ◆スリッパ型ローファー(右)

    トップスのブルーを拾った足元で洗練の大人コーデに
    上品に見せたいけれど、ただのモノトーンじゃつまらないときのアクセントに。大人っぽくキメてデートしたい日に似合いそう。パンプス[ヒール8.5㎝]¥40,000(ロランス/ザ ・グランドインク)カットソー¥21,000(ユニオンランチ/サザビーリーグ)スカート¥11,000[2月下旬展開](アンクレイヴ/オンワード樫山)バッグ¥180,000(ザンケッティ/八木通商ZANCHETTI事業部)スカーフ¥16,000(マニプリ/フラッパーズ)ネックレス¥7,119(アビステ)

❷スリッパシューズ

  • ◆スリッパ型ローファー(右)

    靴でモード感を醸せば気の抜けた上級者コーデが完成
    部屋着っぽくなりがちなスウェット×デニムは、小物で今っぽさを盛り上げるのがポイントです。サンダル¥89,000(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)スウェット¥5,400(ユースフル サーフ/サーティイノベーション)カットソー¥11,000〈ルミノア〉パンツ¥23,000〈アッパーハイツ〉(ともにゲストリスト)バッグ¥35,000(オルセット/オルサ)帽子¥8,400(CA4LA/CA4LA プレスルーム)

  • ◆スリッパ型ローファー(右)

    スリッパシューズでカジュアルコーデを無難に見せない
    いつものカジュアルにはクールで旬なアクセントを加えてくれるスリッパデザインの一足が効果的。カフェで1人ゆっくり過ごすときに選びたいコーデ。サンダル¥89,000(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)ワンピース¥25,000(カデュネ)カットソー¥24,000(エイトン/エイトン青山)バッグ¥14,000(マニプリ/フラッパーズ)帽子¥9,000(ローレル/クリオネスト)

❸アニマル柄シューズ

  • ◆スリッパ型ローファー(右)

    カラーボトムと柄シューズで春らしい甘辛コーデに
    女友達との夜のお出かけにはこんなコーデで。スカートの甘さをジャケットと足元でキリリと引き締めて。シューズ¥34,000(プリティ・バレリーナ/F.E.N.)ジャケット¥135,000(ジェームズ・グロース/グリニッジ ショールーム)Tシャツ¥6,000(エレッセ/エレッセ トーキョー)スカート¥22,000(カデュネ)バッグ¥35,000(へリュー/エスケーパーズオンライン)ネックレス¥15,710(アビステ)

  • ◆スリッパ型ローファー(右)

    マニッシュなボトムには女らしいシューズで遊び心を
    ジャケットの上からラフに重ねたニットと足元で、ボーイズライクな組み合わせに華やぎと新鮮みを。シューズ¥34,000(プリティ・バレリーナ/F.E.N.)ジャケット¥36,000(デミルクス ビームス/ビームス ハウス 丸の内)カットソー¥14,000(ジェーン スミス×コリン レーン©/UTS PR)スウェット¥13,900(アンダーソン ベル/オソイ)パンツ¥22,000(トラディショナル ウェザーウェア/トラディショナル ウェザーウェア 二子玉川ライズ店)バッグ¥30,000(ロンシャン/ロンシャン・ジャパン)

教えてくれたのは

スタイリスト 児嶋里美さん カ

スタイリスト 児嶋里美さん
カラフルな色使いで程よく女性らしさを残したカジュアルコーデが、甘口派から大人気。「キレイめが好みでも、それに捉われず“今っぽさ”を重視して靴選びをするのがポイントです」

撮影/清藤直樹 イラスト/MIKI YOSHIKO スタイリング/児嶋里美 取材/伊藤綾香

◆あわせて読みたい

CLASSY.スタッフが本当に買ってよかったもの9選【シューズ編】

CLASSY.チームの「アガる小物」SNAP【①シューズ編】|シャネル他

シンプルコーデに映える「名品シューズ」6選【シャネル、ヴィトンほか】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE