特集

アラサー女子の「2021年ベーシックコーデ」を、CLASSY.が考えてみた

時代が流れてもCLASSY.の根底に流れているのはベーシック好きというマインド。誰もがなじみ深いアイテムを、選びと着こなし方でそのときどきの気分なりに表現してきました。10年ごとに大きく変わるスタイリングの節目を振り返ります。今回は、代表的な「CLASSY.」っぽいコーデを紹介します。

NGコーデに注意

【※デブ見え注意※ 】アラサー女子の「太って見える」NGアイテム3つ

もうベーシックしか欲しくない!

大事なことや価値観が大きく変わった2020年を経て、新しい年の新しい春がもうすぐそこ。トレンドももちろん気になるけれど、それ以上に見つめ直したいのが、自分らしいオシャレを楽しめる、今の時代のベーシック服です。使い捨てせず長く愛せること、誰でも似合って安心して着こなせること、さらに今手に入れるべき確固たる理由があること。そんなベーシック服があれば、どんな状況がやってきてもオシャレに自信が持てるはず…。今こそワードローブのベーシック服を見直して。

例えばこんなスタイリングが理想!

ちょっと大きめのコートにデニム、そしてボーダー。ニットは肩掛けしてこなれ感を!

コート[2/10発売]¥98,

コート[2/10発売]¥98,000(ebure)Tシャツ¥8,500(セント ジェームス/セント ジェームス代官山店)デニムパンツ¥11,000(リーバイス/リーバイ・ストラウス ジャパン)肩にかけたニット¥36,000(デミリー/サザビーリーグ)バッグ¥345,000(ヴァレクストラ/ヴァレクストラ・ジャパン)キャスケット¥30,000(ボルサリーノ/ボルサリーノ ジャパン)ピアス¥183,000 ネックレス¥85,000(ともにウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

撮影/藤原 宏(pygmy company) モデル/オードリー亜谷香  ヘアメーク/森ユキオ(ROI) スタイリング/荒木里実  取材/西道倫子

◆あわせて読みたい

アラサー女子の口コミを厳選!「着痩せ名品グランプリ」9選

アラサー女子が持っていて損しない「ちょっといい服」【美脚パンツ】

2021年アラサーのモテ服の極意❸「揺れる服」「甘すぎない服」

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE