特集

令和のモテ服論「俺はこの服に恋をした!」メンズ座談会【年下男子編】

「自分が好きな服を着る!」が今の時代の正解だとはわかっているけど、やっぱり意中の彼には「可愛い♥」と思われたいのが女心というもの。「CLASSY.のファッションって、実際メンズたちはどう思ってる?」こっそり知りたいこの答えを探るべく、座談会を開催。CLASSY.12月号から、好きな着こなしを選んでもらいました。第3回は年下男子!

◆あわせて読みたい

令和のモテ服論「俺はこの服に恋をした!」メンズ座談会【クリエイター男子編】

令和のモテ服論「俺はこの服に恋をした!」メンズ座談会【スーツ男子編】

右/小笹さん(26歳・医療関係

右/小笹さん(26歳・医療関係)
中/門口さん(26歳・WEBデザイナー)
左/長坂さん(26歳・広告代理店勤務)

大人の女性のワントーンって素敵です

  • 右/小笹さん(26歳・医療関係

    レザーパンツ¥98,000(ebure)ニット¥60,000(ハイク/ボウルズ)ストール¥11,000(スムーク/フラッパーズ)バッグ¥193,000(トッズ/トッズ・ジャパン)シューズ¥17,000(デ・ プレ)サングラス¥32,000(アイヴァン/アイヴァン PR)

  • 右/小笹さん(26歳・医療関係

    すべてモデル私物

  • 右/小笹さん(26歳・医療関係

    デニムパンツ¥26,000(エー・ゴールド・イー/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)ニット¥14,000(トリコット ジーン マーク/スピック&スパン ルミネ有楽町店)手に持ったコート¥160,000(ebure/ebure GINZA SIX店)バッグ¥78,000(ザネラート/アマン)スカーフ¥23,000(マニプリ/フラッパーズ)スニーカー¥7,000(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)バングル¥35,000(ノース ワークス/UTS PR)

長坂:ワントーンを上手に取り入れている女性ってとってもオシャレですよね
門口:ベージュのコーディネートは、ニットのフワフワ感がとくに好き!
小笹:オールホワイトのコーデ、最高です。コーデ全体が、丸っと大好き。本人のスタイルのよさも出ていて、力の抜きどころを知っている都会の大人の女性って感じが!
門口:ブルーのワントーンもいいな~。ニット×デニムっていう、とってもシンプルな服の組み合わせなのもいい!女性のスニーカーも好きです。

年上の女性が着てるからこそ、グッとくる服がある!

  • 長坂:ワントーンを上手に取り入

    パンツ¥87,000(ARCH THE/THIRD MAGAZINE)シャツ¥21,000ジャケット¥48,000(ともにエーピー ストゥディオ/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク)バッグ¥329,000シューズ¥93,000(ともにロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)サングラス¥48,000(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)ピアス¥25,037(アビステ)

  • 長坂:ワントーンを上手に取り入

    スウェット¥14,800(レミレリーフ/ザ ストア バイシー 代官山店)中に着たカットソー¥16,000(エイトン/エイトン青山)肩にかけたニット¥22,000(ハーレーオブスコットランド/エリオポール代官山)スカート¥16,000(ノーク バイ ザライン/ノーク)バッグ¥21,000(ザ・ディレッタント×ドレステリア/ドレステリア 新宿店)スニーカー¥5,800(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)イヤリング¥22,000(アンセム フォー ザ センセズ/アマン)ブレスレット¥5,500(アンプジャパン/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店)

  • 長坂:ワントーンを上手に取り入

    コート¥34,000(アンクレイヴ)ニット¥14,800(オールドダービ
    ー ニットウエア/スピック&スパン ルミネ有楽町店)Tシャツ¥8,800(スローン)スカート¥39,000(エイトン/エイトン青山)バッグ¥47,000(オルセット/オルサ)ブーツ¥72,000(ペリーコ/アマン)バングル¥13,500ブレスレット¥7,000(ともにイン ムード/フォーティーン ショールーム)

門口:ブルーのシャツのコーデは、女性の先輩が着てたら素敵すぎる。ただただ神がかって素敵で、僕じゃ隣に並べないぐらい。
長坂:ラケットを持っている写真のコーデはなんて言うか、ちょっと年上の人が着てるからこその素敵さがあると言うか…元気いっぱいな雰囲気もいいのかな、同い年の女のコだととくに何も思わないかもだけど、年上の女性が着てると思うと、とたんに可愛く感じてしまいます。
門口:バーっぽい場所の写真は、ニットが好きです。年上の女性と会っていうだけでこっちが緊張してたりして、コート脱いでこのコーデだったらハート持ってかれそう。ダーツとかボウリングとかをするシチュエーションだったら最高!

年上女性の「カッコいい」コーデって最高です

  • 門口:ブルーのシャツのコーデは

    デニムパンツ¥10,000(リーバイス®/リーバイ・ストラウス ジャパン)ニット¥20,
    000(ADAWAS/ショールーム セッション)コート¥79,000(NANUSHKA/エスケーパーズオンライン)バッグ¥160,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)シューズ¥115,000(ジェイエムウエストン/ジェイエムウエストン 青山店)サングラス¥39,000(アイヴァン/アイヴァンPR)時計¥19,000(モックバーグ/エイチエムエスウォッチストア 表参道)

  • 門口:ブルーのシャツのコーデは

    ブラウス¥28,000キャミソール¥5,700(ともにビリティス・ディセッタン/ビリティス)ファーストール¥39,000(カール・ドノヒュー/アルアバイル)コート¥65,000(スタニングルアー/スタニングルアー 新宿店)パンツ¥29,000※日本限定(マザー/サザビーリーグ)バッグ¥31,000(アロン/CPR TOKYO)ブーツ¥22,000(ピシェ アバハウス/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店)

  • 門口:ブルーのシャツのコーデは

    ジャケット¥18,000パンツ¥10,000〈ともに限定店舗展開〉ニット¥3,900(すべてORIHICA/ORIHICA池袋東口店)バッグ¥5,900(カシュカシュ/アンビリオン)スカーフ¥16,000(マニプリ/フラッパーズ)ピアス¥11,440(ヴィヴィ&イングリッド/ZUTTOHOLIC)パンプス(スタイリスト私物)

  • 門口:ブルーのシャツのコーデは

    パンツ¥9,000ニット¥3,900(ともにORIHICA/ORIHICA池袋東口店)バッグ¥12,000(ペルケ/アンビリオン)メガネ¥40,000(アイヴァン 7285/アイヴァン7285 トウキョウ)イヤリング¥2,700(mimi33/サンポークリエイト)スニーカー¥5,800(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)

  • 門口:ブルーのシャツのコーデは

    ジャケット¥18,000(オリヒカ/オリヒカ池袋東口店)カットソー¥11,000(サン
    スペル/サンスペル表参道店)パンツ¥20,000(ルーニィ)バッグ¥19,800(ヤーキ/ショールームセッション)ローファー¥15,000(ワシントン/銀座ワシントン銀座本店)コインネックレス¥5,800(ベンアムン/ZUTTOHOLIC)パールネックレス¥20,046(アビステ)

小笹:グリーンのニットのコーデはマニッシュな感じがカッコいい!足首が出ていたり、靴が渋かったりと、男性的なカッコよさがある!レースのコーデは、普通レースってキレイめだったり女性っぽく着ることが多いと思うんだけど、これはクールな雰囲気で惹かれました。
長坂:うん、このレースのコーデいい。僕も好きです。
門口:スーツっぽいコーデは、もしかしたら好きとは違うかもしれないけど、カッコよさにため息が出る…!タックパンツもアラサーの女性がはいていると、おー!カッコいい!となりますね。
長坂:ジャケット×チェックパンツのお仕事コーデは、よくある組み合わせなんだろうけど素直に好きです。

好きです!大人の女性がまとう「ほっこり」

  • 小笹:グリーンのニットのコーデ

    ニット¥21,000カットソー¥9,000パンツ¥29,000〈すべてドレステリア〉バッグ¥155,000〈ザンケッティ〉スカーフ¥12,000〈アネー〉ピアス¥15,000〈フィリップ オーディベール〉(すべてドレステリア 新宿店)

  • 小笹:グリーンのニットのコーデ

    タートルニット¥36,000(スローン)オールインワン¥20,000(フレームワーク/フレームワーク ルミネ新宿店)ストール¥57,000(ジョシュア エリス/グリニッジ ショールーム)バッグ¥142,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)パンプス¥44,000(ネブローニ/フラッパーズ)イヤリング¥8,346(アビステ)

長坂:僕もよく着るから、女性がフーディ着てるのがすごく好きで。ニット素材のフーディというところに大人を感じます。
門口:うん、これはいいフーディですね。
長坂:大きなストールも好き!くるまれてる感じが可愛くて…チェックっていうところもいいです。

好評だったコーデの好きなポイントを読み解いていくと、「20代の女性だと『大人っぽい服装』と映るコーデが、30代になってマッチしてる感じがすごく素敵でグッとくる」というひとつの答えが導き出されたのが、今回の年下男子の座談会。若い姿をアピールするより、等身大の「大人っぽさ」がキーワードとなっていました。

構成/CLASSY.ONLINE

令和のモテ服論「俺はこの服に恋をした!」メンズ座談会【スーツ男子編】

令和のモテ服論「俺はこの服に恋をした!」メンズ座談会【クリエイター男子編】

新しい生活様式に対応したアラサー女子の「モテ服」【飲み会編】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus